20億年後に大マゼラン雲と銀河系の衝突が発生するとの研究結果が発表された/Sriram Murali/CNN iReport

(CNN)今から20億年後、宇宙空間で大マゼラン雲と銀河系の大衝突が発生する――。英国の研究チームがこのほど、天文学会誌にそんな説を発表した。衝突の影響は長期間にわたって続き、太陽系が銀河系から吹き飛ばされて宇宙空間を突き抜ける可能性もあるとしている。

これまでの研究では、アンドロメダ星雲が今から80億年後に銀河系に衝突するという説が発表されていたが、大マゼラン雲の衝突はそれよりもずっと早い時期に起きることになる。

銀河系の周辺では、規模の小さい衛星銀河が幾つも公転しており、そうした衛星銀河はいずれ銀河系に衝突し、のみ込まれる可能性がある。

大マゼラン雲が伴銀河となったのは比較的新しく、銀河系からの距離は16万3000光年で、地球から見える衛星銀河の中では最も明るい。これまでの観測では、今後も現在の軌道にとどまり続けるか、銀河系の重力から遠ざかっていくと思われていた。

しかし新たな観測の結果、大マゼラン雲の質量は、これまでの推定よりはるかに大きいことが分かった。この質量のためにエネルギーが失われ、銀河系との衝突を引き起こすと研究チームは予想する。

「大マゼラン雲が銀河系にのみ込まれれば、私たちの銀河に大混乱を引き起こす。中心部にあるブラックホールが目を覚まして、私たちの銀河を『活動銀河核』、あるいはクエーサーへと変えてしまう」。論文を発表した英ダラム大学のマリウス・コータン氏はそう解説する。

「この現象によって、ブラックホールのすぐ外側から高エネルギー放射線が強力に噴出される」「その影響は太陽系には及ばないものの、我々が2つの銀河の衝突の影響を免れられない可能性もわずかにあり、太陽系が銀河系から星間空間へとはじき出されるかもしれない」(コータン氏)

宇宙が誕生したのは138億年前、銀河系の誕生はおよそ135億年前とされている。「銀河系はこれまで、非常に質量の小さい銀河としか衝突したことがない」とダラム大学のアリス・ディーソン氏は言う。

一方、例えば銀河系に最も近いアンドロメダ星雲は、銀河系がのみ込んだものよりも30倍近く大きい銀河をのみ込んできた。

もし太陽系が星間空間へ突き抜ける事態にならなければ、2つの銀河が衝突する天体ショーは、地球からも観測できるはずだという。

「私たちの子孫は、銀河系の中心部で新たに目覚めた超巨大ブラックホールが、ものすごく明るいエネルギー放射の噴流に反応する現象を、素晴らしい宇宙花火として観測できるだろう」。ダラム大学のカルロス・フレンク氏はそう語っている。