シアーシャ・ローナン Photo by Mike Pont/
WireImage/Getty Images

写真拡大

 「レディ・バード」「ブルックリン」の女優シアーシャ・ローナンが、ウェス・アンダーソン監督の新作「The French Dispatch(原題)」に出演することがわかった。

 米Playlistによれば、ローナンが新作「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」(ジョージー・ルーク監督)のプロモーション中に、今後の出演作についての話になり、アンダーソン監督の新作に出るか聞かれた際、「そうそう、出るの。これってもう公表されているんだっけ? というか、これで公表しちゃったね(笑)」と出演を認めたそうだ。ちなみに、ローナンはアンダーソン監督の2014年の映画「グランド・ブダペスト・ホテル」に出演している。

 アンダーソン監督・脚本の新作は、ジャーナリストたちへのラブレターのような作品で、20世紀を舞台にアメリカの新聞社のパリ支店に勤めるジャーナリストたちを、3つのストーリーを軸に描くようだ。ローナンのほかに、ビル・マーレイ、ティルダ・スウィントン、フランシス・マクドーマンド、ベニチオ・デル・トロ、ジェフリー・ライト、ティモシー・シャラメ、レア・セドゥーといった豪華キャストの出演が決定している。

 「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」は、スコットランド女王メアリー・ スチュアート(ローナン)とイングランド女王エリザベス1世(マーゴット・ロビー)という、16世紀の英国を生きた2人の女王の波乱に満ちた生涯を描いた作品。3月15日から日本公開される。