(左から)IKKOのモノマネをするチョコレートプラネットの松尾駿、船越英一郎のモノマネをするガリットチュウの福島善成

写真拡大 (全2枚)

 ZOZOの前澤友作社長(43)が「100人に100万円お年玉企画」を発表するや、すぐさま便乗したのが、前澤社長をモノマネレパートリーに持つ“チョコプラ”長田。こちらは「100人に100円(総額1万円)プレゼント企画」であったが、フォロワーは10万人を突破! その人気を見せつけた。

 年末年始にバラエティを席巻した若手芸人といえば、漫才コンビの千鳥。だが、本業とはちょっと異なる形で出まくっていたのが、チョコプラことチョコレートプラネットの長田庄平(38)と松尾駿(36)、そしてガリットチュウの福島善成(46)だ。それぞれがモノマネでウケたわけだが、そもそも彼らはモノマネ芸人ではない――。

 ***

 チョコプラはコント芸人であり、キングオブコントでは2008、14、18年のファイナリストにもなった実力派。もっとも、それ以上に、2人ともモノマネが上手いのである。長田には和泉元彌(44)や片岡愛之助(46)、氷室京介(58)、松尾にはIKKO(56)やイジリー岡田(54)、“消臭力”のCMソングを歌う外国人少年といったレパートリーがある。

(左から)IKKOのモノマネをするチョコレートプラネットの松尾駿、船越英一郎のモノマネをするガリットチュウの福島善成

「特に昨年からは、長田の和泉元彌“そろり、そろり”と松尾のIKKO“どんだけ〜”のモノマネで取り上げられることが多くなりましたね。その2人の役を使ってコントを披露することもありますが、もっぱらコメンテーター的な役割で本人に成り代わって答える、いわゆる“モノマネ受け”芸人ということが多かった。コメントを振られても、“どんだけ〜”のひと言で笑いを取れる。本人に成り代わってコーナー進行などもできますから、バラエティ番組にブッキングしたくなるわけです」(民放プロデューサー)

 一方のガリットチュウは漫才コンビなのだが、表に出ているのはボケ担当の福島のみで、メイクによる顔真似、コスプレが多い。圧巻なのはそのレパートリーの豊富さで、貴乃花光司(46)、ダレノガレ明美(28)、船越英一郎(58)、丸山桂里奈(35)、深田恭子(36)、IKKO、ISSA(40)、織田裕二(51)、クリスチャン・ラッセン(62)、ジャッキー・チェン(64)、ショーンK(50)、デヴィ夫人(78)などなど、老若男女、人種を問わず、なんだかよくわからないけれど似ているのである。

和泉元彌のモノマネをするチョコレートプラネットの長田庄平

「顔真似は、リアクションを抜いたときに一発でわかるので、笑いが取りやすいんです。特にガリット福島は、さまざまなマネができるのが重宝されて、昨年は『24時間テレビ』(日本テレビ系)にまで起用されたほどです。昨年11月には140人以上のモノマネをした写真集『哀愁―ガリットチュウ福島のモノマネ人生劇場』まで出版しましたからね。『サンデージャポン』(TBS系)などでも、話題となった人のマネでポンと出てきたりもしますし、タレントの再現VTRで出て来ることも多い。常に新ネタを仕込むタイプなので、モノマネについての不安はないでしょうね」(同・民放プロデューサー)

モノマネタレントで終わるのか?

 モノマネで注目されるのは結構だが、本業で評価されたわけではない。早くも彼らの今後を心配する声が上がっているという。

「チョコプラは、和泉元彌とIKKOのネタをどこまで推すのか。彼らは他のレパートリーもありますが、今のところ、この2人を超えて笑いを取れるネタはありません。しかも和泉とIKKO本人たちが、この年末にはよくテレビに出ていました。モノマネ芸人と本人の共演はよくありますが、12月28日の『全力!脱力タイムズSP』(フジテレビ系)では、チョコプラの紹介であるにもかかわらず、彼らは出ずに、マネをされているほうの和泉とIKKOが揃って出演して成り代わるという展開。よく言えば、本人たちからのお墨付きと言えますが、本人たちがモノマネを真似るようになっては、芸人に立つ瀬はありません。IKKOさんはともかく、和泉元彌はこの期を逃すまいとしているはずですからね。元彌&IKKOのネタも、そろそろ封印の頃合いかもしれません。コント芸人のチョコプラとしては、今の売れ方は決して本意ではないと思います。人気が冷めないうちに、それを足がかりにして、本業であるキングオブコントのタイトルでも獲って、テレビタレントとしてブレイクしたいでしょうね」(同・民放プロデューサー)

 ガリットチュウはどうか。

「モノマネタレントとしてやっていくなら、ガリット福島は問題ないと思います。モノマネ男優としてやっていくこともできるかもしれません。でも、彼は本来、漫才師ですからね。誰もマネもせずに素の状態で出てくることもほとんどありませんし、相方の熊谷岳大(40)などテレビではほとんど見かけないので、ネタを見せることもない。もちろん舞台はこなしていますが、コンビのほうをどう考えているのか、ちょっと心配ですね」(同・民放プロデューサー)

 今年の年末、テレビに出続けているのはどちらだろうか。

週刊新潮WEB取材班

2019年1月14日 掲載