当時、FOCUSに撮られたデートの様子(撮影・吉田豊)

写真拡大

 作詞家の阿久悠は山口百恵をして「時代と寝た女」と評したものだ。だとすれば藤原紀香(47)は「平成と寝た女」と呼べるのだろうか。平成の始まりに芸能界に降臨し、幾多の艶聞を振りまいて、御世が代わる前に梨園の妻に収まる。その男遍歴は見事と言うしかあるまい。

 ***

 振り返れば、藤原紀香が最初に「彼氏」とのデートを撮られたのは、CMクイーンの絶頂期にあった1998年(平成10年)11月のこと。お相手はシューティングという格闘技の佐藤ルミナ選手だ。

「二人が知り合ったのは、藤原が格闘技番組のキャスターとして選手に取材をするようになってからです。佐藤選手とはメールアドレスを交換してから、すぐに恋仲になった。それまでは、故アンディ・フグや佐竹雅昭などと噂になったことはありますが、お泊りデートは佐藤選手が初めてのはずです」(芸能記者)

 当時、FOCUSに撮られたデートの様子(掲載写真)からは、恋人が出来た藤原の嬉しさと初々しさが伝わってくる。どんな付き合いだったのか、改めて佐藤選手に聞いてみると、

「紀香さんに聞いてくださいよ。僕も家庭がありますし……」

当時、FOCUSに撮られたデートの様子(撮影・吉田豊)

 だが、彼女にとって佐藤選手との恋は、これから始まる物語の序章のようなものだった。

 佐藤選手と別れると、早くも翌年には俳優の加藤雅也との交際が発覚、次はヴォーカリストのTAKE。そして、ご存じのとおり、お笑い芸人の陣内智則との“格差婚”は2年もたたずに破綻する。その後も、外資系金融マンとゴールイン手前まで行ったが、結局、彼女が選んだのは、片岡愛之助だった。

 ここまで彼女を通り過ぎた男は、少なくとも5人。心配なのは、愛之助が“最後の男”になるかどうか、である。

ラブラブデート

 歌舞伎役者の妻といえば、タニマチとの付き合いや、公演の案内、接待、盆暮の贈り物の手配など超多忙といわれる。ところが藤原は、結婚会見で堂々と女優との両立を宣言。これにはタニマチや歌舞伎関係者も驚いた。古い社会に飛び込んで、いつまで持つのやら、と。

 ところが、結婚から2年半、「不仲」とか「離婚」という話は聞こえてこない。むしろ、東京・大阪間をスポーツカーでラブラブデートしていたなんて目撃談も聞こえてくる。

「歌舞伎役者の妻は、ご主人が出演する劇場のロビーでの接待が大事な仕事です。私も紀香さんからご挨拶を受けたことがあります」

 とは演芸評論家の上村以和於氏。だが、上村氏によると、梨園の妻の仕事も変わってきているのだという。

「最近では“番頭さん”と呼ばれるマネージャーが、タニマチ相手の細かい仕事をやるようになっています。歌舞伎俳優の妻は、そうした仕事がスムーズに進むように目配りをすればいい。紀香さんは女優という仕事を持っているので、マネージャーとうまく分担しているのでしょう」

 まわりの心配をよそに2019年の2月から藤原は、新橋演舞場での出演も決まっている。

 平成を代表する美女の男遍歴も、過去のものとなりつつある。

「週刊新潮」2019年1月3・10日号 掲載