経験浅いのかな…?男に「キス下手だなぁ」と思われる女子の特徴

写真拡大

男女のスキンシップに欠かせないのがキス。
お互いが満足できるキスになるためには、どんな要素がポイントとなってくるのでしょうか?
今回は男性が「キス下手だなぁ」と思ってしまう女子の特徴をまとめてみました。

(1)ワンパターン


『俺が教えてあげるよっていうパターンもいいけどね』(27歳/広告)

キスは感覚を研ぎ澄まして行うスキンシップ。
会話によるコミュニケーションの延長にあると思うと、少し感覚をイメージしやすくなります。
会話する時、単調すぎるとなかなか話が弾まないのではないでしょうか?

会話と同じで、キスも単調すぎるとどうしても盛り上がることができません。
タイミングやキスの深さ、場所、舌使い、吐息、手を添えるなど、様々な要素を組み合わせて変化をつけてみて。
僅かな変化だけでも感じ方は大きく変わってきます。

(2)力が入っている


『可愛いんだけどね〜、盛り上がりはしないかな?』(31歳/不動産)

緊張や頑張りすぎで唇や舌に力が入りすぎてしまう場合があります。
キスは柔らかい弾力性のあるパーツで行うスキンシップのため、力みは簡単に相手に伝わってしまうでしょう。
リラックスした状態でキスできないと「この子慣れてないのかな?」と思うかも。

とはいえ、経験が少なくて緊張してしまうのは当たり前。
後で「すごく緊張した」と正直に伝えて初心な印象でカバーするのもアリでしょう。
その場合、次からはスムーズにキスできるようにするといいですね。

(3)歯が当たる


『けっこう痛いんだよね……』(24歳/イベント)

激しいディープキスをするとき、歯が当たってしまうと一気に熱が冷めてしまいます。
柔らかい唇と歯ではギャップがありすぎるのです。
キスに慣れている人だとこのことをよく心得ているため、歯の当たらない動きをするでしょう。

どうしても歯が当たってしまう場合、舌の筋肉が未発達で口ごと動かしてしまう可能性も。
舌を動かしつつ法令線予防をするトレーニングなどもあります。
ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

(4)そもそもムードが作れていない


『人前でとかは絶対嫌だ』(26歳/看護士)

キスする際の「タイミング」や「ムード作り」はとても肝心。
しかし、不慣れだとすっ飛ばしてしまいがちな項目でもありますね。
キスのテクニックよりもシチュエーションが大切な場合もあり、しっかりと押さえておきたいポイントです。

男性が「下手だな」と感じるのはやはり、男性自身がその気ではない時のキス。
「え、今キスするタイミングだっけ?」と思うとなかなかキスにも集中できません。
場所を選び、段々とムードを盛り上げ、段階を踏んでキスへと持ち込みましょう。

----------

いかがでしたか?
今回ご紹介した事項はいずれも無意識にやってしまう事が多いと思います。
あせらずじっくりとキスを楽しむことで、徐々に慣れていくのではないでしょうか。

(恋愛jp編集部)