普通車に負けない安全装備を装着した軽自動車も多い

 消費税10%へのアップがほぼ確実となった今、それまでに家族のクルマを手に入れたいな〜、って考えている皆さんも多いのではないでしょうか? 購入費用だけでなく、買ってからの維持費をなるべく抑えたい場合や、自宅の駐車スペースや周辺の道が狭いといった事情などで、「やっぱり狙うは軽自動車!」という声をよく聞きます。

 今や軽自動車は、乗車定員は4人になるものの、広さも装備も立派にファミリーのファーストカーとして通用する出来ばえ。セダンタイプからクロスオーバーSUV、ハイトワゴンやスーパーハイトワゴンまでボディタイプも豊富なので、目移りしそうなくらい選び甲斐がありますよね。

 ただ一つ、安全性が不安だなぁ、という人もいるかもしれません。確かにひと昔前の軽自動車は、普通車に比べると先進の安全装備は手薄でしたね。でも最新の軽自動車はそんなことはないんです。しっかりチェックして選べば、普通車とほぼ同等の安全装備がついてきます。いくら予算を抑えたいとはいっても、大切な家族を乗せるクルマだからこそ、安全装備だけはケチらずに盛ってほしいと思います。

 そこで今回は、予算200万円以下で選べる、安全装備がスゴイ軽自動車を厳選してご紹介しますね。

1)ホンダN-BOX

 まず、現時点で軽自動車のトップレベルの安全装備を誇るのが、ホンダN-BOX。ミリ波レーダーと単眼カメラで車両周辺の様々な危険要因を検知して、安全運転をサポートする8つの機能がベースグレードから標準装備です。

 とくに素晴らしいのが、全車速対応ではないですが、前走車に追従して走ることができる「ACC(アダプティブ・クルーズコントロール)」が搭載されていること。現時点でACCが搭載されているのは、軽自動車ではこのホンダN-BOXと商用軽バンのホンダN-VANだけです。

 また、車線からはみ出さないようにステアリング操作を支援してくれる「LKAS(車線維持支援システム)」や、歩行者と衝突しそうだと予測した場合にステアリング操作で回避を支援(約10〜40km/hで走行中)してくれる「歩行者事故低減ステアリング」など、まだ他の軽自動車にはなかなか搭載されていない先進安全技術も装備されているので、安心感は絶大。とくに、高速道路を頻繁に使って出かけるよ、というファミリーにはイチオシの内容となっています。

2)三菱ekスペース

 お次は、そこまで高速道路は使わないという人や、運転がちょっと苦手だなぁという人にオススメなのが、日常のうっかりミスをしっかりサポートしてくれる機能が充実した、三菱ekスペース。

 もちろん「衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM)」や、ペダルの踏み間違いによる事故を防止する「踏み間違い衝突防止アシスト」は全車標準装備。その上で、三菱ならではの「ETACS」という装備は、ライトの消し忘れやドアミラーの自動展開・格納など、クルマが状況を判断して運転をサポートしてくれる、毎日の運転で「助かった〜」と思えるものが充実しているんです。

 走行スピードに応じて、ワイパーを適切な間隔で動かしてくれる「フロント可変間欠ワイパー(車速感応タイプ)」といった、雨の日など運転環境が悪い時のストレスも減らしてくれるので、気持ちの上でもリラックスできて安全運転に集中できそうですよね。

3D映像で駐車をサポートする装備をもった軽自動車も

3)スズキ・スペ-シア

 続いては、走行中の安全性はもちろんだけど、車庫入れとか駐車場から道路へ出るときとか、ヒヤリとすることが多い場面での安全性を高めてくれる装備が手厚く揃う、スズキ・スペーシア。

 単眼カメラとレーザーレーダーで車両や歩行者を検知して、「衝突被害軽減ブレーキ」や「ふらつき警報機能」、前進だけでなく後進でも作動する「誤発進抑制機能」など、万が一への備えも万全なんですが、メーカーオプションとなる「全方位モニター用カメラパッケージ」装着車は、クルマの前後に設置された4つのカメラで、自分のクルマを真上から見たように映し出してくれて、車庫入れに威力を発揮。

 それだけでなく、狭い道でのすれ違いに便利な「助手席側サイド映像」や、見通しの悪いT字路などで近づく歩行者を知らせてくれる「左右確認サポート機能」があるのも安心です。

 また、軽初の機能としてクルマの周囲360度を立体的に表示する3Dビューなど、見たいところがシッカリ確認できるのが助かるんですよね。バックカメラが搭載される軽自動車もたくさんあるんですが、表示画面がルームミラー内に埋め込まれているものが多いのです。それだと小さくて画像も粗く、結局よく見えない、ということになりがち。スペーシアは大きなモニターというのもポイントです。

4)ダイハツ・ミライース

 さて最後は、先進の安全装備がもっともリーズナブルな価格で手に入る軽自動車、ダイハツ・ミライース。

 車両だけでなく歩行者も認識して作動する、ダイハツ最新となる第3世代の「スマートアシスト掘廚、約90万円のB”SA掘匹ら標準装備されています。衝突警報機能は対車両で約4〜100km/h走行時、対歩行者は約4〜50km/h走行時で作動。その後、事前ブレーキ、被害軽減ブレーキアシストと作動し、いよいよ衝突が避けられないとシステムが判断した場合は、強いブレーキで減速させる緊急ブレーキが作動します。その作動条件は対車両が約4〜80km/h走行時、対歩行者が約4〜50km/h走行時ということで、これがあればかなり安心感が高まりますよね。

 加えて、ペダルを踏み間違えた場合に急発進を抑制してくれる「誤発進抑制制御機能」は前方と後方どちらも作動します。また、縦列駐車の時などに車両四隅のセンサーで障害物を教えてくれる、軽初の「2コーナーセンサー」も頼もしい装備です。

 こうして見てくると、軽自動車の安全装備はどれも同じように思えて、しっかりチェックするとそれぞれちゃんと違いがあることに気づかれたと思います。あれもこれもと全部を装着しなくても、皆さんのクルマの使い方に合わせて、ベストな安全装備がついた軽自動車を選ぶことが大切。ヘビーユーザーさん、ご近所チョイ乗りさん、運転ビギナーさんと、ここで今いちど自分はどのタイプで、どんな安全装備がマストかな、というのを考えてみるといいですね。先進の安全装備で、楽しいカーライフを手に入れましょう!