HKT48の指原莉乃

写真拡大

 4月にグループを卒業するHKT48の指原莉乃(26)が13日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。新潟県を拠点に活動するNGT48の山口真帆(23)がファンの男2人から暴行被害を受けた事件について言及。グループの運営側を厳しく批判した。

 事件をめぐっては、山口が10日に新潟市内でのグループ3周年記念公演に出演し、ファンに対し「この度はたくさんお騒がせして、誠に申し訳ありませんでした」と謝罪。運営会社は公式サイトで、NGTのメンバー1人が事件に関与していたことを明らかにし、再発防止のためメンバー全員に防犯ブザーを支給するほか、自宅への巡回などの対策を徹底すると発表している。

 指原は「彼女の(告白)映像で知ったので、私達は知らなかった」と切り出し、「運営のすべての対応がひどかった。彼女への対応もこうなった後の対応も全部違うと思う。このままうやむやにしては絶対にいけない」と運営の対応に苦言を呈した。続けて、「私がツイッターで運営に批判めいたことを書いたことをガス抜きとして思われて、運営がこれでいいのかなって思うことがあってはいけない」とした。

 また、「今回、私が1番問題だと思ったのは、誰がトップなのか私ですらわからない状態なんです。運営のコメントも誰の顔も出ず、誰が書いているか分からないコメントを中途半端に出した」と運営側のいびつな構造を指摘。「こういう時に誰が一番最初に動くのか、ということを仕切らないと」「間違いなくメンバーと運営の間に立つ人間は必要だと思ったのでこれからも関わり続けたいと思います」と語った。

 11日にも自身のツイッターで「防犯ベル、わたしは怖くて震えて、取り出すことさえできないと思う。。ここまで大きな事件を彼女に謝らせる運営だとは思いたくないし、でも本人発信だとしてもこうなってしまったことを謝らなきゃ!と思って自分を責めているんじゃないかと心配です。そこで謝らなくていいんだよ!と言えるスタッフがいなかったこともどうかと思います。」と指摘。「どうか彼女の気持ちの回復が少しでも早く訪れますように。同じことを繰り返してはいけない。メンバーはこれからも応援してください、としか言えないと思うしそれが気持ち的に絶対に正解だとおもうけど、運営側はそうあってはいけない。現状のままで応援してもらえるわけがないし、そんなこと思っているスタッフはいないと信じたいけど、このままで応援してもらおう!というのはおかしい」と強調していた。