11月の実質賃金は4カ月ぶりの増加 世界では18位の年収…新興国並み

ざっくり言うと

  • 2018年11月の実質賃金は前年同月比1.1%増と、4カ月ぶりに増加した
  • しかし平均年収の世界ランキングでは、日本はOECD加盟国35カ国中で18位
  • 市場関係者は、世界的に見て低い日本の賃金水準を「新興国並み」と指摘した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング