美術や衣装にもこだわりぬいた (C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC.
All Rights Reserved.

写真拡大

 第89回アカデミー賞作品賞ほか3部門を受賞した「ムーンライト」のバリー・ジェンキンス監督最新作「ビール・ストリートの恋人たち」の場面写真が、一挙公開された。

 舞台となるのは、1970年代のニューヨーク。幼い頃から共に育ち、強いきずなで結ばれた19歳のティッシュと22歳の恋人ファニー。幸せな日々を送っていたある日、ファニーが無実の罪で逮捕されてしまう。ティッシュと家族はファニーを助け出そうと奔走するが、さまざまな困難が待ち受けていた。

 「ムーンライト」でもジェンキンス監督とタッグを組んだブラッド・ピットが製作総指揮に名を連ね、オーディションで抜てきされた新鋭キキ・レインがティッシュ、「栄光のランナー 1936ベルリン」のステファン・ジェームスがファニーを演じる。 ティッシュを支える母親を「Ray レイ」のレジーナ・キングが演じ、第76回ゴールデングローブ賞で助演女優賞(ドラマ)を受賞した。

 場面写真は、ティッシュとファニーが寄り添いながらダンスを楽しむ愛にあふれるシーンや、レストランの前で愛おしそうにティッシュを見つめるファニーのほか、 ファニーとの子を宿し大きな腹部を苦しそうに抱えるティッシュの姿が切り取られている。「グランド・イリュージョン」シリーズのデイブ・フランコ、「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」のディエゴ・ルナ、「キングスマン ゴールデン・サークル」のペドロ・パスカルら共演陣の姿も披露された。

 革新的な映像美が評価された「ムーンライト」からよりスケールアップし、圧倒的なビジュアルセンスで70年当時のニューヨークを再現したジェンキンス監督。なかでも、レトロなワンピースに身を包み、きらびやかなシャンデリアや香水に囲まれて働くティッシュを写した一枚からは、ジェンキンス監督の美意識や、セットデザイン、衣装へのこだわりが伝わってくる。

 「ビール・ストリートの恋人たち」は、2月22日から全国公開。