第39話「雪女純白恋愛白書」より/ (C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

写真拡大

テレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第39話の先行カットが公開されました。

第39話「雪女純白恋愛白書」より /(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

<第39話「雪女純白恋愛白書」あらすじ>とあるカフェで、ねこ娘とまなは雪女のゆきと話をしていた。ゆきによると、俊という人間の男と交際することになったのだという。そこへ俊がゆきを迎えにきた。俊の暑苦しさと勢いに呆気にとられながらも、ゆきを祝福するねこ娘とまな。しかし、人間と妖怪の生活習慣の違いからゆきと俊は喧嘩をしてしまう。ゆきは再びねこ娘とまなに相談する。一方、俊は、また怪しげな商売を始めていたねずみ男に相談してしまったがために、話はおかしな方に向かってしまい...。

第39話「雪女純白恋愛白書」は、1月13日(日)9:00からフジテレビ他で放送されます。また、この回には歴代ねこ娘を演じた声優たちが集結。ゆき役で西村ちなみさん、ゆきの母役として三田ゆう子さん、沼御前として今野宏美さんが出演。そして、雪女であるゆきに一目惚れする俊役として森田成一さんが出演します。

1968年の初放送から50周年のアニバーサリーイヤーを迎えた「ゲゲゲの鬼太郎」。第6期の舞台は、21世紀に入ってから20年近くが経ち、人々が妖怪の存在を忘れてしまった現代。科学では解明できない現象が頻発して大人たちが右往左往する中、そんな状況を何とかしようと妖怪ポストに手紙を書いた13歳の少女・まな。彼女の前に、カランコロンと下駄の音を響かせてゲゲゲの鬼太郎が現れます。(WebNewtype)