会見で涙ながらに謝罪する友井雄亮(撮影・西尾 大助)

写真拡大

 複数の女性と暴力や金銭問題、不倫交際を巡りトラブルになっていると報じられた男性5人組歌謡グループ「純烈」の友井雄亮(38)が11日、都内で会見を行い、報道を事実と認めてグループから脱退し、芸能界を引退することを発表した。会見後の11日夜、過去にDV被害を受けた女性(Aさん)の代理人弁護士がマスコミ各社にFAXを送付。「週刊文春」に掲載された誓約書について、Aさんが流出に関与したことを否定した。

 「週刊文春」報道では、友井が過去に交際していたAさんに度々暴力を振るっており、Aさんが妊娠し、流産したこともあったと報じた。また、その後交際したBさんの貯金約3000万円を使い込み、別の既婚女性Cさんとの不倫交際疑惑を取り上げ、友井は会見でAさんへの暴力やBさんの貯金使い込みを認めた。

 Aさんの代理人弁護士は、「週刊文春」に掲載されたAさんと友井が作成した誓約書は「友井氏が保管していたものが流出したものであり、流出に関してはAさん及びその関係者は全く関与しておりません」と説明した。