ナイキのスニーカー

写真拡大

 欧州連合(EU)の行政機能を担う欧州委員会は10日、米国のスポーツ用品大手ナイキが不当な税逃れをした疑いがあるとして、本格的な調査を始めたと発表した。

 関連企業がオランダの優遇税制を使い、課税対象額を実態より低くしていた可能性があるという。

 この疑いについては、朝日新聞も加わった非営利組織の国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が指摘していた。ナイキはICIJの取材に、「規制に完全に従っている」と回答している。