中国の“不衛生ホテル” 罰金3万円に「安すぎる」

写真拡大

 中国にある5つ星ホテルで清掃員がトイレ掃除とコップ磨きに同じ雑巾を使うなどしていた問題で、上海市が7つのホテルに罰金を科した。しかし、その罰金が日本円で3万円ほどで、「安すぎる」と批判の声が上がっている。

 洗面所を雑巾で拭くスタッフ。コーヒーカップを持ち上げると同じ雑巾でカップを拭く。別のホテルでは、客の使用済みのバスタオルでトイレを掃除。中国の五つ星ホテルでトイレ掃除とコップ磨きに同じ雑巾を使うなど、不衛生な掃除が横行していた問題。この問題で、上海市当局が告発された7つのホテルに対して罰金を科す処分を行っていたことが分かった。処分を受けたホテルに科せられた罰金額は2000元、日本円にしてわずか3万2000円だというのだ。ずさん清掃が行われていたのは、いずれもラグジュアリーな高級ホテルだけに「1泊分にもならない」と怒りの声が上がっている。騒ぎはこれだけにとどまらない。

 動画を撮影した男性のSNS:「私のパスポート情報は全国のホテル業者の間に拡散された」

 ずさんな実態を暴露された逆恨みなのか。動画を撮影した男性は個人情報が流出したり、脅迫を受けたという。まさに、とばっちり。男性は意気消沈気味だ。中国の五つ星ホテルで起きたずさんな掃除を巡る騒動。事態の鎮静化にはまだ時間がかかりそうだ。