長崎市の田上富久市長は11日、韓国在住の元徴用工の男性3人に被爆者健康手帳の交付を命じた長崎地裁判決について、控訴しない方針を明らかにした。

 市は控訴期限の22日以降、早期に手帳を交付する。記者会見した田上市長は「結果として時間がかかってしまい申し訳ない」と謝罪した。