日産、ゴーン前会長に東京の自宅から退去通告

写真拡大

[東京 11日 ロイター] - 日産自動車<7201.T>は、前会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)が自宅として使っている東京都港区のマンションについて、使用賃貸契約を解除し、同容疑者に退去するよう通告した。日産と同容疑者の弁護人が11日、明らかにした。会社法違反(特別背任)の疑いで逮捕されたことなどを理由にしている。

また、関係者によると、日産はフランス・パリにある住居の賃料支払いをすでに止めており、今後、オランダ・アムステルダムを含む住居の賃貸契約の解除も計画している。

海外の住居に関する日産のコメントは、まだ得られていない。

ゴーン容疑者の自宅は、東京だけでなく世界の主要都市にあり、日産や同社子会社などの資金を利用するなどして提供されていた。

*内容を追加しました。

(白木真紀、田実直美)