「女王陛下のお気に入り」が最多12ノミネート (C)2018 Twentieth Century Fox

写真拡大

 英国映画テレビ芸術アカデミーが1月9日(現地時間)、英国アカデミー(BAFTA)賞のノミネーションを発表した。

 最多ノミネートはヨルゴス・ランティモス監督「女王陛下のお気に入り」で、作品賞、英国作品賞、監督賞、オリジナル脚本賞、主演女優賞、助演女優賞を含む12ノミネートを獲得した。主演女優賞にノミネートされたオリビア・コールマンは、全米俳優組合(SAG)賞にもノミネートされているほか、先日はゴールデングローブ賞を受賞しており、アカデミー賞でも主演女優賞の最有力候補のひとりと見られている。

 次いで7ノミネートを獲得したのは、アルフォンソ・キュアロン監督「ROMA ローマ」、ブラッドリー・クーパー監督「アリー スター誕生」、「ボヘミアン・ラプソディ」(製作途中で解雇されたがクレジット上はブライアン・シンガー監督)、デイミアン・チャゼル監督「ファースト・マン」の4作品。そして、アダム・マッケイ監督「バイス」が6ノミネート、スパイク・リー監督「ブラック・クランズマン」が5ノミネートと続いた。

 英国作品賞には、マイケル・ピアースが長編初メガホンをとったシリアルキラー・サスペンス「Beast」や、イアン・ボンホート監督による天才デザイナー、アレキサンダー・マックイーンのドキュメンタリー「McQueen」、伝説のコメディアンコンビを描いたジョン・S・ベアード監督「スタン&オリー(原題)」、現代版「タクシー・ドライバー」と評されたリン・ラムジー監督「ビューティフル・デイ」も選出された。また、外国語映画賞に是枝裕和監督「万引き家族」がノミネートされた。

 授賞式は2月10日にロイヤル・アルバート・ホールで行われる。BAFTA賞の主なノミネートは以下の通り。

▽作品賞
「ブラック・クランズマン」
「女王陛下のお気に入り」
「グリーンブック」
「ROMA ローマ」
「アリー スター誕生」

▽英国作品賞
「Beast」
「ボヘミアン・ラプソディ」
「女王陛下のお気に入り」
「McQueen」
「スタン&オリー(原題)」
「ビューティフル・デイ」

▽監督賞
スパイク・リー「ブラック・クランズマン」
パベウ・パブリコフスキ 「Cold War」
ヨルゴス・ランティモス「女王陛下のお気に入り」
アルフォンソ・キュアロン「ROMA ローマ」
ブラッドリー・クーパー 「アリー スター誕生」

▽主演男優賞
ブラッドリー・クーパー 「アリー スター誕生」
クリスチャン・ベール「バイス」
ラミ・マレック「ボヘミアン・ラプソディ」
スティーブ・クーガン「スタン&オリー(原題)」
ビゴ・モーテンセン「グリーンブック」

▽主演女優賞
グレン・クローズ「天才作家の妻 40年目の真実」
レディー・ガガ 「アリー スター誕生」
メリッサ・マッカーシー「Can You Ever Forgive Me?」
オリビア・コールマン「女王陛下のお気に入り」
ビオラ・デイビス「妻たちの落とし前」

▽助演男優賞
アダム・ドライバー「ブラック・クランズマン」
マハーシャラ・アリ「グリーンブック」
リチャード・E・グラント「Can You Ever Forgive Me?」
サム・ロックウェル「バイス」
ティモシー・シャラメ「ビューティフル・ボーイ」

▽助演女優賞
エイミー・アダムス「バイス」
クレア・フォイ「ファースト・マン」
エマ・ストーン「女王陛下のお気に入り」
マーゴット・ロビー「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」
レイチェル・ワイズ「女王陛下のお気に入り」

▽オリジナル脚本賞
「Cold War」
「女王陛下のお気に入り」
「グリーンブック」
「ROMA ローマ」
「バイス」

▽脚色賞
「ブラック・クランズマン」
「Can You Ever Forgive Me?」
「ファースト・マン」
「ビール・ストリートの恋人たち」
「アリー スター誕生」

▽外国語映画賞
「Capernaum」
「Cold War」
「Dogman」
「ROMA ローマ」
「万引き家族」

▽ドキュメンタリー賞
「Free Solo」
「McQueen」
「RBG」
「They Shall Not Grow Old」
「まったく同じ3人の他人」

▽アニメーション映画賞
「インクレディブル・ファミリー」
「犬ヶ島」
「スパイダーマン スパイダーバース」

▽撮影賞
「ボヘミアン・ラプソディ」
「Cold War」
「女王陛下のお気に入り」
「ファースト・マン」
「ROMA ローマ」

▽編集賞
「ボヘミアン・ラプソディ」
「女王陛下のお気に入り」
「ファースト・マン」
「ROMA ローマ」
「バイス」

▽衣装デザイン賞
「バスターのバラード」
「ボヘミアン・ラプソディ」
「女王陛下のお気に入り」
「メリー・ポピンズ リターンズ」
「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」