路上で背後から抱き上げるなど女児=当時(8)=の体に触れたとして、大阪府迷惑防止条例違反の罪に問われた男性(63)の判決で、大阪地裁(野口卓志裁判官)は10日、無罪(求刑懲役8月)を言い渡した。

 野口裁判官は「女児と遊ぶつもりで持ち上げた可能性を否定できない」と指摘。その上で、「わずか1秒間の行為で、執拗(しつよう)に体を触ろうとするものではない。性的羞恥心や不安感を与える程度は小さい」と判断した。

 男性は昨年4月、大阪府内の路上で背後から女児の腹部付近に両手を回して抱き上げ、服の上から体を触ったとして起訴された。2人は同じマンションの住人で、顔見知りだったという。