東京都心で-1.2℃を観測本州でも今季初の-20℃以下の寒い朝に

2019/01/10 07:11 ウェザーニュース

昨夜から西日本や東日本は高気圧に覆われて、風も弱くスッキリと晴れています。そのため、放射冷却現象が強く効き、今日10日(木)朝は、東京都心でも-1.2℃を観測し、今シーズン一番の冷え込みとなりました。また、本州の内陸では、今シーズン初めて-20℃以下となり、長野県の菅平では-23.9℃を観測しています。

<各地の最低気温(10日(木)7時現在)> 菅平(長野) -23.9℃ 六厩(岐阜) -20.3℃ 開田高原(長野) -17.4℃ 東京  -1.2℃ 名古屋 -2.1℃ 大阪   0.7℃※いずれも今シーズン一番の冷え込み

昼間も10℃前後までしか上がらず…

昨日は冷たい風が強く吹いていましたが、今日は風が収まているので、昼間は日差しがあれば温もりを感じることもありそうです。ビルの影や、雲に日差しが遮られてしまうところでは、昼間でもより寒く感じます。今日は、手袋やマフラーをしっかりとつけて、お過ごしください。通勤通学途中に温かい飲み物を買うのもいいかもしれません。