従業員7人に賃金を支払わなかったとして、沼田労働基準監督署は9日、最低賃金法違反の疑いで、水上温泉(みなかみ町)の土産品「湯乃花饅頭(ゆのはなまんじゅう)」などで知られる和洋菓子製造販売・土産品販売会社「笛木製菓」(同町鹿野沢)社長の男(73)と法人としての同社を書類送検した。

 容疑を認めている。

 送検容疑は平成28年8月1日から29年3月31日まで、工場や店舗の従業員7人に定期賃金計約846万円を支払わなかったとしている。

 29年9月に労基署に相談が寄せられ、発覚。労基署は行政指導を続けたが、是正されず送検に至ったという。