元徴用工判決で支援弁護士「日本の協議要請大歓迎」

写真拡大

 元徴用工の判決を巡って日本政府が韓国政府に日韓請求権協定に基づく協議を要請したことについて、元徴用工らを支援する弁護士は「大歓迎だ」と述べました。

 ソウルでは9日、元徴用工の裁判を支援する弁護士や専門家らが討論会を開きました。出席した弁護士の1人は、日本政府が韓国側に日韓請求権協定に基づく協議を要請したことに触れて「被害者としては長年、待ち望んだことで、法に基づく解決に向かうなら大歓迎だ」と述べました。一方、別の参加者からは「日本側の要求を見極めないといけない」などと慎重な意見も出ました。また、日韓双方の政府と企業らが共同で財団を作って被害者へ補償をすべきだとの声も上がりました。