続々とキャストが発表されている『GOT』前日譚、今わかっていること

写真拡大

今年4月に放送される第八章をもってファイナルを迎える米HBOの大ヒット大河ファンタジー『ゲーム・オブ・スローンズ』(以下『GOT』)。本シリーズのスピンオフ『The Long Night(原題)』というタイトルのこの前日譚について、今現在でわかっていることを、米Hollywood Reporterがまとめて報じている。

【関連記事】知ってるともっと楽しめる!『ゲーム・オブ・スローンズ』に織り込まれた中世イギリス史

■スピンオフについて


スピンオフプロジェクトについては、2017年5月に初めて発表された。当初、指揮を執るのは、マックス・ボレンスタイン(『マイノリティ・リポート』)、ジェーン・ゴールドマン(『キングスマン』)ブライアン・ヘルゲランド(『ロビン・フッド』)、カーリー・レイ(『MAD MEN マッドメン』)の4人と契約を結んだと言われていたが、のちにブライアン・コグマン(『GOT』)の名前も発表され合計5名に。そして5つのスピンオフ2017年7月にHBOのケイシー・ブロイズは、「(5つのスピンオフ・プロジェクトの中で)少なくとも1作品は製作に向けて進んでいる」とコメントしていた。それが現在続々とキャストが発表され、製作の進んでいる前日譚だ。

■時代設定


スピンオフシリーズでもペンを執るマーティンは、「スピンオフの全ては続編ではなくプリクエル(前日譚)」だと発言。「氷と炎の歌」の世界を舞台にし、同作の90年ほど前を描いている原作「ダンクとエッグの物語」がスピンオフの1つではないかと噂された。

だが、2017年5月にマーティンは、「そうだね、そうなるといいが、このシリーズはまだたった3作しか執筆していない。少なくとも8から10作は書きたい。みんな、私の執筆の遅さはよく知っているだろう。そしてTVドラマは非常に早いスピードで展開していく。『GOT』ですでに起こったことを繰り返したくはないのだよ。原作より、ドラマが先を行ってしまうということをね。「ダンクとエッグの物語」の執筆が全て終わった時、TV化のことを考えるとするよ。だが、それまで当分道のりは長いね。それから、"ロバートの反乱"もやらないよ。「氷と炎の歌」を書き終わったら、"ロバートの反乱"で起こった大事なことが全てバレてしまうからね」と言及していた。

■ゴールドマンのパイロット版


2018年6月、HBOは最初のこの前日譚のシリーズを発注した。パイロット版は、映画『キングスマン』シリーズや『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』などで知られる脚本家のジェーン・ゴールドマン。彼女は、マーティンと原案に取り組み、脚本を手掛けるだけでなくショーランナーも兼任すると言われている。

『GOT』の時代設定よりも何千年も前が舞台となり、数々の英雄たちが活躍した黄金期から暗黒の時代へ移り変わる年代記的な作品で、ウェスタロスの歴史に隠された恐ろしい秘密やホワイトウォーカーの起源、東側の大地に潜む謎やスターク家の伝説の人物などが描かれると伝えられている。

マーティンは、「時代設定は『GOT』より5000年くらい前だ。ウェスタロスとは全く違う世界だよ。キングズ・ランディングや鉄の王座もターガリエン家も存在しない。ドラゴンと共に存在するあのヴァリリア人もまだ頭角を現していない時期で、帝国も築いていない。だから、『GOT』とは全く異なる設定になるし、その違いが面白さになればと思っているよ。(ショーランナーのジェーン・)ゴールドマンに(ニューメキシコ州)サンタフェに来てもらって、1週間色々なアイデアを聞かせてもらった。彼女はとても才能があるし、私があまり小説で描いたことのない世界を話してくれて、たくさんヒントをもらったよ。今回の作品は彼女がメインで脚本を担うし、私は彼女の作品が大好きなんだ」と発言し、ゴールドマンにスピンオフを任せていることを匂わせた。

■キャスト


今年初めにロケが開始となるゴールドマン版のスピンオフは、以下のキャスティングが決定しているが、放送は2019年4月に最終章が放送される本家の放送終了後から、最低1年はかかると言われている。

ナオミ・ワッツ(『ツイン・ピークス The Return』)
ジョシュ・ホワイトハウス(『風の勇士 ポルダーク』)
ナオミ・エイキー(『Star Wars: Episode IX(仮題)』)
ジェイミー・キャンベル・バウアー(『シャドウハンター』)
シーラ・アティム(『Harlots(原題)』)
イヴァノ・ジェレマイア(『ヒューマンズ』)
ジョージー・ヘンリー(『ナルニア国物語』シリーズ)
アレックス・シャープ(『パーティーで女の子に話しかけるには』)
トビー・レグボ(『ラスト・キングダム』)

また監督として、『MISTRESS<ミストレス>』『デクスター 〜警察官は殺人鬼』のS・J・クラークソンが務める。

ますます期待が膨らむ前日譚シリーズだが、ファイナルとなる本家『ゲーム・オブ・スローンズ』第八章は、2019年4月に世界同時放送となり、日本でもスターチャンネルにて放送。『ゲーム・オブ・スローンズ』の海外ドラマNAVI作品データベースはこちら。(海外ドラマNAVI)