NGT48の山口真帆

写真拡大

 新潟を拠点に活動するNGT48のメンバー、山口真帆(23)が、同市内の自宅マンションに押しかけたファンの男2人に口を塞がれる被害に遭っていたことが9日、分かった。

 関係者によると、昨年12月、山口が公演を終えて自宅へ帰宅した際、玄関先でファンの男2人と鉢合わせた。驚いた山口が助けを求めて廊下で叫んだところ、その声に慌てた男に口を塞がれたという。

 通報を受けた警察官が駆けつけ、20代の男2人を暴行の疑いで逮捕。動機について「山口さんと話がしたかった」などと話したという。その後、性的暴行など悪質な犯行の意図はなかったと判断され、2人は不起訴となり釈放された。

 山口は8日にインターネット動画配信サイトを通じて被害を告白。9日にはツイッターでも「皆さんにもショックを与えてしまってごめんなさい。私に遭った出来事を聞いて怖い想いをしてしまったかもしれません」などと心境をつづった。

 山口は一部メンバーがファンに「個人情報を漏らした」と指摘。一方、関係者によると、警察が男2人の携帯電話の通話履歴などを調べたが、特定メンバーとの関わりを示す情報はなかったという。

 山口の今後の活動について、運営幹部は「NGTのスタッフから何らかの報告はまだ受けていない」としている。