ザスパクサツ群馬は7日、大分トリニータからMF姫野宥弥(22)が期限付き移籍で加入することを発表した。期限付き移籍期間は2019年2月1日〜2020年1月31日までとなる。なお、契約上の問題でこの間の大分との公式戦には出場できない。

大分の下部組織出身の姫野は2015年にトップチームに昇格。同年、ヴェルスパ大分へ育成型期限付き移籍した後、2016年からは3シーズンに渡って大分でプレー。2018シーズンは明治安田生命J2リーグで4試合に出場していた。

姫野は今回の移籍に際して両クラブの公式サイトで以下のようなコメントを残している。

◆ザスパクサツ群馬

「初めまして!トリニータから来ました姫野宥弥です。J2昇格という目標を達成するために強い覚悟を持って闘います!みなさんでたくさん喜びあいましょう!応援よろしくお願いします!」

◆大分トリニータ

「大分の皆さん、群馬に行くことになりました。覚悟を持って決めました。自分の色で輝いてきます!そして成長した姿を皆さんに見せます!また、トリニータのJ1での活躍を祈っています。ありがとうございました!」