ザッパコスタが今冬にラツィオ移籍へ! チェルシーが買取OP付きレンタルを受け入れ

写真拡大

チェルシーがイタリア代表DFダビデ・ザッパコスタ(26)のラツィオ移籍を受け入れる模様だ。イタリア『Il Messaggero』が伝えている。

前指揮官アントニオ・コンテの希望によって2017年夏にトリノからチェルシーに加入したザッパコスタ。加入1年目となった昨シーズンは右ウイングバックを主戦場に公式戦35試合に出場した。

しかし、マウリツィオ・サッリ新監督が就任した今季は[4-3-3]のシステム変更に加え、メンバーを固定する指揮官の起用法の影響もあり、リーグ戦は途中出場2試合に留まり、控えメンバー主体のヨーロッパリーグ(EL)や国内カップ要員に甘んじている。

『Il Messaggero』によれば、そのザッパコスタに関してモンテネグロ代表MFアダム・マルシッチのバックアッパーを探すラツィオが関心を示しているという。そして、1500万ユーロ(約18億5000万円)の買い取りオプションが付く今シーズン終了までのレンタル移籍に関してクラブ間での合意に迫っているようだ。