歌手の沢田研二(70)が5日、埼玉県大宮市で中止となったコンサートの代替公演を行った。

 沢田は昨年10月17日、さいたまスーパーアリーナで「契約上の問題」との理由でコンサートを中止。中止の理由ついては「動員に関する契約上の問題です。一番の原因は、僕自身にさいたまスーパーアリーナでライブをやる実力が無かったということが一番だろうと思っています」とコメントした。損害額は4000万円とも言われ、チケット払い戻しや代替公演について注目が集まっていた。

 そうして5日に行われたコンサートで、沢田は「あんなことがあったのによく代替公演に来てくださいました。皆さんには申し訳なかった」と頭を下げて謝罪。この日は代表曲「カサブランカ・ダンディ」など18曲を披露し、最後は「さいたまスーパーアリーナを諦めたわけではない」と集まったおよそ2500人のファンを前にリベンジを誓った。

(AbemaTV/『 AbemaNews 』より)


ペ・ヨンジュン主演『太王四神記』▶Abemaビデオで見る