吉田明世アナウンサー (C)ORICON NewS inc.

写真拡大

 4日に自身のインスタグラムでTBS退社を発表した吉田明世アナウンサー(30)が6日、同局系ワイドショー『サンデージャポン』(毎週日曜 前9:54)に出演。今月末での退社をスタジオで生報告し、今後について「娘の成長を近くで見守りながら自分のペースで働きたい」と思いを語った。

【全身写真】吉田明世アナ、フェミニンな肩出しショット

 昨年5月に長女が誕生し、番組へは1年以上ぶりの出演となった吉田アナ。出産後に一度会社に復帰していたことを明かし、現在は有給消化中とのこと。2月からフリーで活動することを報告し、「娘が生まれて子育てをしていく中で徐々に気持ちが固まっていった」と決断の理由を明かした。

 番組では“お侍さん”と呼ばれている夫からは「私が選んだ道なら全力で応援すると(言われた)」と背中を押してもらったといい、所属事務所などについては「まだ、これから決めたいです」と述べるにとどまった。今後について「娘の成長を近くで見守りながら自分のペースで働きたい」と改めて展望を語っていた。

 4日に一部スポーツ紙で退社が伝えられ、その日のうちに自身のインスタグラムでも報告。「2011年4月に入社してから約8年間お世話になったTBSを今月末に退社することとなりました」と発表し、理由として昨年の妊娠・出産の経験を経て「それまでの価値観や考え方が大きく変わり、今後の働き方についても自分がどうしたいのか今一度考えるようになりました」と説明していた。

 吉田アナは2016年10月、5歳年上の一般男性と結婚。17年12月に『サンデー・ジャポン』で第1子妊娠を発表し、昨年5月に第1子となる女児を出産した。