雨宮萌果アナ(NHK「アナウンス室」ページより)

写真拡大

視聴者も評価した紅白での“アクシデント”

 NHKの雨宮萌果アナ(31)といえば、タレントの篠山輝信(35)との結婚が報じられたことが記憶に新しい。まさに“話題の女子アナ”なのだが、幸せいっぱいであるはずの彼女がNHK紅白のリハーサルで号泣する一幕があったという。

***

 ちなみに篠山輝信は、写真家・篠山紀信(78)と元歌手の南沙織(64)の次男。雨宮アナは法政大学を卒業して2011年に入局。沖縄と福岡の放送局を経て、16年に東京アナウンス室に配属となった。

 大学時代は落語研究会に所属し、「全国女性落語大会」で優秀賞を獲得したという異色の経歴を持つ。さらに、母は作家の天川彩(56)、妹はワハハ本舗に所属する雨宮あさひ(30)という家族構成も話題だ。

雨宮萌果アナ(NHK「アナウンス室」ページより)

 NHK側も東京に戻ってきた雨宮アナに期待していたようだ。16年3月には朝の人気番組「あさイチ」(月〜金:午前8時15分〜9時/午前9時5分〜9時54分)のレポーターに抜擢した。

 当時、「あさイチ」の司会は有働由美子アナ(49)。出演すると、「有働アナと雨宮アナが似ている」と評判になる。17年には渡米のため欠席した有働アナに代わってMCを務めるなど、徐々に頭角を現し、人気を集めていく。

 そして雨宮アナの知名度を飛躍的に高めたのが、今回の結婚報道だろう。文春オンラインは12月25日、「“あさイチ婚” 篠山輝信が語るNHK雨宮アナに惹かれた理由」と報じ、26日発売の週刊文春(1月3日・10日号)は「『マジメで変なところに…』篠山輝信がNHKあさイチアナと結婚へ」の記事を掲載した。

 それを後追いしたスポーツ紙の記事には、雨宮アナについて「大晦日のNHK紅白歌合戦の副音声『紅白ウラトークチャンネル』の司会を務める」という記述がある。紅白にとっても、相当な宣伝効果があったに違いない。

 紅白ウラトークチャンネルは、サンドウィッチマンの伊達みきお(44)と富澤たけし(44)、お笑いタレントの渡辺直美(31)と雨宮アナの4人が司会を担当。ご存知のとおり、紅白歌合戦の副音声といえばバナナマンの2人が実績を持っている。すわ“解任”かと取り沙汰する報道もあったのだが、それは割愛させていただく。

 重要なのは紅白のリハーサルで雨宮アナが号泣したということなのだが、その前に視聴率を確認しておこう。平均視聴率は、第1部が37.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)、第2部が41.5%。共に前回の35.8%、39.4%を上回った。

 スポニチアネックス(電子版)は1月3日、「平成ラスト紅白 視聴率41.5% 2年ぶり“合格点”台本にないライブ感が勝因」と報じた。少なくとも数字を見る限り、視聴者は今年の紅白に合格点を与えたようだ。

リハーサルでも本番でも落涙

 それでは、いよいよ本論に入ろう。なぜ雨宮アナは号泣したのか。リハーサルを目撃していた関係者が明かす。

「紅白は12月29日が音合わせ、30、31日の2日間がリハーサルという日程でした。そして29日、aikoさん(43)は『カブトムシ』を2回も歌うなど、かなり入念な確認を行っていました。そして音合わせが終わると、楽屋に向かわず紅白ウラトークのブースに立ち寄ったんです。ウラトークのゲスト出演が決まっていたからだと思いますが、そこには雨宮アナが待機していました。スタッフに促されてaikoさんが近づくと、雨宮アナは『ただのファンなんで……』と話し出したものの感極まり、号泣してしまったんです」

 傍にいたNHKのスタッフがaikoに、「雨宮アナは『カブトムシ』が流れてから、ずっと泣いていた」と報告した上で、「本番はティッシュを準備しておく」と冗談を口にしたという。

「aikoさんも嬉しかったのでしょう。雨宮アナと何度も固く握手をして、『よろしくお願いします、いい人ばっかりだよ』と雨宮アナだけでなく、番組の出演者、スタッフ全員に対する感謝の言葉を口にしていました」(同・関係者)

 そして本番が来ると、やはり雨宮アナは涙を流した。aikoが歌い始めると、まずは落ち着いた声で「私、高校時代にバントをしていまして、『カブトムシ』をコピーしていたんです」と副音声で切り出した。

 それから自身の感動を伝えようとするのだが、語尾が震えてしまう。ここで渡辺直美が爆笑。すかさずサンドウィッチマンの富澤たけしが「泣いているじゃないですか」とからかう。

 それでも雨宮アナはひるまない。「ちょっと(歌を)聴かせてください」と半ば仕事を放棄。伊達みきおが「雨宮さんが、もう(身を)乗り出して聴いているのよ」と実況するうちに、雨宮アナの瞳から涙が流れたようだ。

 伊達は「凄いなあ」と感心しながらも、涙の理由を「マリッジブルー?」と質問。雨宮アナは失笑しながら「違う」と一刀両断、「高校時代に何度もカバーさせてもらったので」と説明した。

 だが、サンドウィッチマンの2人も渡辺直美も、百戦錬磨の芸人だ。3人でトークを繰り広げるうちに、「高校時代に付き合っていた彼氏がカブトムシに似ていたため、雨宮アナは泣いている」と勝手にオチを付けた。

 さらに終盤は、「カブトムシは昆虫で最強」とトークは大脱線。世界最大のカブトムシ「ヘラクレス・ヘラクレス(ヘラクレスオオカブト)」の話題で盛り上がり、遂に曲名を「ヘラクレス」に変更してしまった。

 雨宮アナが主人公の感動エピソードが展開されるかと思いきや、予想もしなかった爆笑トークが繰り広げられたわけだが、それから約1時間後、今度はaikoがウラトークのブースを訪問、副音声に出演を果たす。

 雨宮アナと“感激の対面”を果たしながら、雨宮アナは「見ているだけで充分ですので、番組進行を続けてください」と公私混同を必死に回避。何とかアナウンサーとしての“矜持”を保とうと努力を続けた。

 それでもサンドウィッチマンの2人から「今度、雨宮アナは結婚する」と伝えられたaikoは、「じゃあ、ちょっと、歌いに」と挙式で歌うことも提案。雨宮アナが激しく動揺して爆笑を取るなど、しっかりとウラトークの見せ場を作った。

 紅白という大舞台でも、“コメディエンヌ”としての才能を披露した雨宮アナだが、1つ不思議なのがaikoの熱唱中、伊達から「(aikoと)お会いしたことはないの?」と質問されると、雨宮アナは「ないです」と即答したことだ。

 上に見たとおり、2人は29日の音合わせで初対面を果たしている。厳密には嘘の回答をしたわけだ。しかし、これがもし「舞台裏は視聴者に見せない」というプロ意識の発露だとしたら、納得できる判断だろう。

 しかしながら一方で、厳しい声もある。あるテレビ担当記者は「副音声だから救われた側面は否定できません」と指摘する。

「厳しく言えば、自分が個人的にファンである歌手のことで感極まり、アナウンサーとしての仕事を成し遂げられなかった。公私混同による職場放棄と批判されてもおかしくありません。地上波でそのままオンエアされていたら、確実に抗議の声が寄せられたと思います。実際の副音声でも、サンドウィッチマンのお二人、渡辺直美さんというプロの芸人がフォローしてくれたからこそ、何とか聞ける内容になりました」

 有働アナに似ていると評判の雨宮アナだが、トークの冴えとなると、まだまだ“本家”には遠いようだ。NHKらしからぬキャラクターは、両刃の剣ということなのかもしれない。

週刊新潮WEB取材班

2019年1月6日 掲載