フロイド・メイウェザー【写真:Getty Images】

写真拡大

英プロモーターは次戦の相手にパッキャオを予測

 格闘技イベント「RIZIN.14」(さいたまスーパーアリーナ)で、キックボクシングの那須川天心(TARGET)に139秒でTKO勝ちを収めたボクシングの元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)。圧巻の実力を示したPFP最強と呼ばれたメガスターは体重と実力差が明確なエキシビションマッチで10億円とも呼ばれる大金を手にしたことで物議を醸しているが、英国の大物プロモーターは「世界で最も偉大なファイターでビジネスマン」とプロモーターとしての絶大な手腕を絶賛。そして次戦の相手は2015年に270億円以上という歴史的なファイトマネーを稼いだフィリピンの英雄マニー・パッキャオと予想する一方、絶対に戦わない2人の名前を挙げている。

 大晦日のリングで不敵な笑みを浮かべながらキックボクシング界の“神童”を子供扱いし、139秒で10億円を稼いだメイウェザー。世界戦史上最速の11秒KO記録を持つWBO世界バンタム級世界王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)ら実力者を顧客に持つフランク・ウォーレン氏は「Money(金の亡者)」の異名に違わぬ辣腕ぶりに脱帽していた。

 英地元紙「デイリー・スター」の自身のコラムで大物プロモーターは「彼は私よりもはるかに優れていると認めざるを得ない。実際のところ、彼は我々全てのプロモーターよりも優秀だ。彼は引退後も巨額のマネーを稼ぎ続けているのだ」と脱帽。エキシビションマッチで巨額のファイトマネーをせしめたメイウェザーのプロモーターとしての手腕は世界一と絶賛している。

 そして、世界的に物議を醸しているメイウェザーに対する批判をお門違いとばかりの一刀両断している。

「41歳のメイウェザーはエキシビジョンマッチで激しく批判されている。だが、お金を支払いたいという人間がいるというのに、彼はどうすべきなのか? 断ればいいのだろうか? 彼は愚か者ではない。実際のところ彼は、世界で最も偉大なファイターの1人であると同時に、最高のビジネスマンの1人なのだ」

 かつてPFP最強と呼ばれた男について、ビジネスマンとしての才覚も世界屈指とウォーレン氏は絶賛している。

負ける可能性がある相手とのリングには上がらない

 今回はダメージを受けることもなく、天心戦で巨万の富を勝ち取ったメイウェザーだが、今年は現役引退から本格復帰の可能性ありとウォーレン氏は予想している。

「今年本物の戦いのためにリングに戻そうと誘惑するようなオファーは間違いなく数々届くだろう。マニー・パッキャオとの再戦は議論されている。そして、このフィリピン人がエイドリアン・ブローナーを今月倒せば、実現するかもしれない」

 元6階級王者でWBA世界ウエルター級王者のパッキャオは19日に開催される、元4階級王者のブローナー(米国)とのタイトルマッチで勝てば、メイウェザーとのリマッチの流れになるとウォーレン氏は分析している。

 2人は2015年に王座統一戦で激突し、メイウェザーが判定勝利を手にしていたが、「世紀の一戦」と世界で話題を呼んだ再戦について、「もしも、彼らが大金のために相まみえたとしても、現在の年齢でも長年のライバルを倒すことができるだろう」とメイウェザー勝利を予想している。

 その一方で、絶対に戦わない猛者が2人いるという。

「エロール・スペンスJr.やテレンス・クロフォードが挑発してきたとしても、現在のウェルター級のトップ相手に上ることはしない。彼はとても賢いからね。オファー額は問題ではない。この米国人は自分の全盛期が過ぎている中、全盛期に差し掛かった2人には負けることをわかっている。そして、これは彼がボクシング界最高のプロモーターであることを完璧に証明するものだ」

 ウォーレン氏はこう綴っている。IBFウエルター級王者のスペンス、WBO王者でPFPでも上位評価を受けているクロフォードという実力者相手には勝ち目はなく、どれだけのファイトマネーを積まれても、決してメイウェザーは挑戦を受けないだろうという。

 勝てない相手は選ばない――。50戦全勝を誇る“マネー”の流儀で、メイウェザーはボクシング界最高のプロモーターでもあり続けているというのだ。(THE ANSWER編集部)