減り続ける喫煙者の割合 健康志向の高まりや値上げなどが要因か

ざっくり言うと

  • 喫煙者の割合が、ピーク時の1966年からほぼ一貫して下がり続けている
  • 平成が始まった89年には男女合計で36%だったが、18年には半分の17.9%に
  • JTは、健康志向の高まりや高齢化、規制の強化、値上げが要因と分析している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング