ブレイク芸人の登竜門「おもしろ荘」ぺこぱが優勝 菅田将暉も絶賛 (C)ORICON NewS inc.

写真拡大

 ブルゾンちえみ、日本エレキテル連合、おかずクラブといったブレイク芸人の登竜門となっている元日恒例の日本テレビ系『ぐるナイ おもしろ荘 若手にチャンスを頂戴 今年も誰か売れてSP』が、1日深夜に放送された(深0:30)。芸歴11年目のお笑いコンビ・ぺこぱが優勝し「ネクストブレイク芸人」の切符を手にした。

【写真】昨年は…結成2年レインボーが優勝

 着物、ローラースケート、奇抜な髪型・衣装とインパクトのある松陰寺太勇と、端正なルックスのシュウペイからなる同コンビ。シュウペイが繰り出すオーソドックスなボケに対して、松陰寺が「そうじゃないとも言い切れない」とツッコミを入れずにすべて肯定していくというスタイルの漫才で笑いを誘った。

 ゲスト出演した菅田将暉は「第一印象は個人的に最悪だったんですけど、ちょっと好きになる」と独特な世界観の虜となった様子。岡村隆史が「全然、男前ちゃうな」と松陰寺をイジると、出川哲朗も「1人だけじゃなくて、2人ともおかしいから」とシュウペイの天然な一面に触れるなど、早くもコンビとしてブレイクの予感を漂わせていた。