石原さとみは43位「世界で最も美しい顔100人」のインチキさに高須院長あきれる

写真拡大

 毎年年末になると、日本のネットニュースなどで騒がれる「世界でもっとも美しい顔ベスト100」。2018年版が12月28日に発表になり、「日本勢は女優の小松菜奈が31位でトップ」と多くのネットニュースなどが話題にしています。

◆個人が趣味で決めたランキング、今年の結果は?
 そもそも「世界でもっとも美しい顔ベスト100」は、TC Candlerという米国の個人サイトが発表しているだけのもので、欧米では全くニュースになりません(現在はサイトを閉じ、SNSとYouTubeのみ)。

 ノミネートや順位付けの基準は、なんと「主観である」とかつてサイトに明記されていて、ほぼ個人が趣味で決めているものと思われます。写真もネット上などにころがってる画像を使ってるだけ。この実態が、かなり知れ渡ったにもかかわらず、なぜか毎年騒がれるのです。

 ちなみに、2018年の1位は、フランス出身のティラーヌ・ブロンドー(17歳、ファッションモデル)。

 日本人は15人もがノミネートされましたが、ランクインしたのは31位・小松菜奈、43位・石原さとみ、 46位・湊崎紗夏(韓国ガールズグループTWICEのサナ)、75位・Niki(丹羽仁希、テラスハウス出演のモデル)、84位・篠崎愛(グラビアアイドル)という謎の結果。

 ノミネートされていたローラや宮脇咲良(HKT48)は100人のなかに選ばれませんでした。

 さて、このTC Candler運営者さんが選ぶ基準は、美のプロから見て、納得できるものなのか?
 そこで、美容整形外科・高須クリニックの高須克弥院長に、日本人でノミネートされた人たちの写真を見てもらいました。本当に美しい顔ですか? 教えて、かっちゃん!

◆これ、顔じゃなくて乳で選んでるんじゃない?
――そもそも、日本人で『テラスハウス』の出演者がやたらノミネートされていたり、韓国のグループ「TWICE」は日本人を含め全員ノミネートされたりと、意味不明なんです。

高須「めちゃくちゃだね。めっちゃくちゃ。
 選ぶにも権利があって、美容整形の医者とか、メークアップアーティストとか、何か実績がある人じゃないと信じないと思うけどね。 なんで、みんなこんなのを認めるの?」

――さあ??? 謎ですね。日本人でノミネートされた15人を見て、いかがですか?

高須「顔じゃないな。これね、乳で選んでるんじゃないですか? 全体にバストが大きそうな人が多いから。

 今田美桜さん(若手女優)の写真、胸の割れ目を強調してるけど、これはいい格好の乳じゃないな。垂れ乳を寄せて持ち上げて、某○姉妹みたいなタイプだね。NIKIさん(『テラスハウス』出演のモデル)も同じ。篠崎愛さん(グラビアアイドル)なんて、髪の毛で顔半分隠れてて、乳の谷間だけ目立って。

 美しい顔を選ぶなら、乳なんか出さなくっていいんだよ」

◆美しい顔はコンピュータで判定するのが一番正しい
――高須院長から見て、「世界でもっとも美しい顔」に値する人はいますか?

高須「顔ったってねえ、写真の撮り方で全然変わるから。インチキだよこんなもん。
 この木佐貫まやさん(『テラスハウス』出演の学生)なんか、怖いな。映画『マーズ・アタック』に出てくるハニートラップのアンドロイドみたいだよ。加工アプリで目を大きくしすぎだね」
高須「写真は、カメラマンの腕で一瞬を切り取れば、全部欠点隠れるから。あのフィフィだってね、撮り方によってはすごい美人に見えることあるもん(笑)。
 ほんとに美しい顔選ぶなら、免許書かパスポートの写真みたいなのが一番信用できるんだから」

――高須院長が選べば、信用おける結果になりますかね。

高須「というより、美人かどうかは、コンピュータに任せるのが一番いいの。簡単だよ、コンピュータで顔認証して、パーツの比率がどれだけ美人の基準に当てはまってるか測定すればいい。カラオケの点数を機械で決められるのと同じだよ。