サウサンプトンのDF吉田麻也【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

ヒューズからハーゼンヒュッテルへ、サウサンプトンの監督交代が吉田にもたらす好影響

 A Famous Victory。

 直訳すれば“有名な勝利”ということになる。しかしニュアンスを含めて訳せば「その名を轟かす勝利」というところか。すなわち歴史に刻まれるような大勝利だ。

 優勝を決める大一番での勝利もそうだが、サウサンプトンのファンならば、公式戦で10試合連続白星なしの大不振に陥っていたなか、アーセナルというビッグクラブ相手につかみ取った12月16日の勝利(3-2)も、そんな“Famous Victory”の一つに数えるに違いない。

 ダニー・イングスのゴールで二度リードし、ヘンリク・ムヒタリアンの一撃でアーセナルに二度追いつかれるスリリングなシーソーゲームだった。途中出場のチャーリー・オースティンが、試合終盤の後半40分にチーム3点目となる勝ち越し弾。そして「5分」と表示された長いアディショナルタイムが終わり、試合終了のホイッスルが鳴り響いた瞬間、セインツ(サウサンプトンの愛称)の本拠地セント・メリーズ・スタジアムに歓喜の咆哮が轟いた。

 まるで優勝したかのような騒ぎだった。スタンドを埋めたサポーターは、揃って何度も拳を天に突き上げていた。3万人の喜びが爆発したスタジアムのピッチ上では、サウサンプトンのイレブンがお互いに駆け寄り、肩を抱き合って大きな輪を作ると、嬉しくて仕方がないというようにぴょんぴょん飛び跳ねていた。

 その輪の真ん中で、吉田麻也の顔が歪んでいた。抑えきれない涙を堪えているかのような表情だった。今シーズン、溜まりに溜まっていた不満や不安、そんな負の感情が遠ざかる思いだったに違いない。マーク・ヒューズ前監督が解任されて2試合目、ラルフ・ハーゼンヒュッテル新監督のホームデビュー戦だった。

 思えば今季の吉田の苦難は、前任監督との折り合いの悪さに起因していた。その葛藤の思いは、この試合から6試合さかのぼったマンチェスター・シティ戦後の談話に表れていた。1-6と大敗したこのアウェー戦の一部始終を、吉田はベンチから眺めていた。

「(シティは)結局なんとなくやって勝てるチームじゃない。選手のクオリティーの差があるのは事実なんで、そこは戦術とハードワークで埋めなくてはいけないですが、まず戦術がはまっていなかったし、フィットネスも明らかに向こうのほうが質が高かった。(ジョゼップ・)グアルディオラは選手一人ひとりを呼んで、個別に細かいコーチングをしている。サイド(のスペースで展開すること)にこだわっているというのは、傍から見ても感じた。その(監督としてのこだわりの)差は、やっぱり相当あると思います」

近年のプレミアで問題視される「監督メリーゴーランド現象」

 もちろん“ペップ”ことグアルディオラは、現時点で世界最高峰の監督である。その頂上にいる指揮官との比較は酷かもしれないが、この吉田のコメントから伝わってきたのは、当時のチームを率いていたヒューズ前監督の無策ぶりだ。

 クオリティーで勝る相手に“はまらない戦術”を繰り出し、選手を鼓舞して相手を凌駕する走りも見せることができなかった。それなら大敗も致し方ない――。言葉を選んでいたが、吉田のコメントからはそんな悔しさが滲み出ていた。

 最近のプレミアリーグで問題視されることの一つに、「監督メリーゴーランド現象」がある。シーズン中に同じようなレベルのクラブの監督が、これもまた同等の実績の監督で次々と入れ替わることを指す。数人の代わり映えしないメンバーで、まさにメリーゴーランドに乗っているかのように、ぐるぐると監督の椅子を回すのだ。

 監督を代えるということは、チームが上手くいっていない何よりもの証拠だが、そういうクラブの経営陣は大抵、新しい人材を試すという開拓精神にも乏しい。監督人事は保守的になりがちで、特に残留争いに巻き込まれたチームにその傾向が強く現れる。

 そもそも負けが込んでいるクラブに“今が旬”という監督を招聘するのも難しい。そこで過去に、そこそこの実績がある監督を連れてくる。実名を挙げるとサム・アラダイス、アラン・パーデュー、デイビッド・モイーズ、そして最近のラファエル・ベニテス(ニューカッスル監督)、また今季のウェストハムを率いるマヌエル・ペジェグリーニも、この「監督メリーゴーランド」の新たな一員になったと言って差し支えないだろう。

 マーク・ヒューズも紛れもなくその一人である。マウリシオ・ポチェッティーノ、ロナルド・クーマンが成功して、その後もクロード・ピュエル、マウリシオ・ペジェグリーノとイングランドで実績のない監督を続けて招聘したサウサンプトンだったが、最後のアルゼンチン人青年監督が昨季深刻な残留争いに巻き込まれたため、急きょ“メリーゴーランド”に加わった。アラダイスやパーデューも噂に上がったが、最終的にヒューズに決まったのは、現役時代にサウサンプトンでプレーをしたOBであったことも大きかったのではないか。

将来を嘱望される指揮官だったヒューズ、シティ解任を機に転落

 無論、これはカンフル剤としての応急処置的な人事だった。サッカーの進化を目指すのではなく、強面で有名なヒューズを招いて、素早くチームに規律と結束を取り戻すのが目的だった。

 だから当初は昨季いっぱい、つまりわずか2カ月間の契約だった。応急処置なのだからそれで十分だ。結果的にヒューズは、実質的な“降格決定戦”となった5月8日の昨季第31節スウォンジー戦を1-0で制して、サウサンプトンのプレミア残留を決めた。しかし監督就任直後は3連敗スタート。指揮を執った8試合の成績も2勝2分4敗で、決して目覚ましい成果を上げたとは言えない。

 だが、持ち前の厳しさでチームをまとめ、なんとか土俵際で踏ん張った。吉田も「練習から緊張感が張り詰めている」と監督の存在感を話していた。そして残留の功労者になったことで、サウサンプトンはヒューズと新たな3年契約を結んだ。

 流れとしては仕方がない。降格すれば1億ポンド(約140億円)のTV放映権料が吹っ飛ぶ、まさにクラブ存亡の危機。だが、それでもウェールズ人監督との正式契約はクラブにとって、また吉田にとっても、後退を余儀なくされる決断だった。

 ヒューズ監督は、2000年代には将来を嘱望される指揮官だった。現役時代はマンチェスター・ユナイテッド、チェルシーで活躍。また英国人(ウェールズ人)では珍しく、バルセロナやバイエルンでもプレーした名選手だった。指導者としては、いきなり母国ウェールズ代表監督に就任し、04年9月にブラックバーンの監督に就任すると、まずは堅守を築き、翌05-06シーズンには攻撃陣の補強に成功して攻守のバランスが取れたチームを作った。そしてリーグ6位となり、UEFAカップ出場権を勝ち得た。08年6月にはマンチェスター・シティ監督に就任。また名将アレックス・ファーガソン監督の後継者として、ユナイテッド監督候補にも名前が上がっていた。

 しかしシティの監督就任2年目となった09-10シーズンに、UAEの投資グループ「アブダビ」がクラブを買収したことで目標値が一気に上がり、17節で2敗ながら引き分け「7」の結果が問題視され、09年12月19日にあっさり解任された。

 その後はフルハム、QPR、ストークと中堅以下のクラブを指揮したが、クオリティーが落ちるチームでは目覚ましい結果は出せず、シティ監督就任当時の輝きはすっかり色褪せてしまう。

アラダイスの守備的戦術「ドロップ10」に代表される英国人監督の不人気ぶり

 それに加えて、昨今の英国人監督の評判は芳しくない。プレミアの格闘技さながらのフィジカルなサッカーに対し、気迫を重んじすぎて肝心の戦略がないというのだ。今もロングボール主体の前時代的なサッカーを展開するチームは、大抵英国人監督の指揮下にある。

 しかも、そのサッカーの根本が非常に守備的だ。「負けないサッカー」と言えば聞こえもいいが、アラダイスがこの手の英国人監督の象徴的な存在だろう。彼の戦術はいわゆる「ドロップ10」と呼ばれ、センターフォワードを含むフィールドプレーヤー10人全員に守備の負担を求めるもの。まずクリーンシートを狙い、相手をゼロに抑え続けて守備的な競り合いに持ち込み、辛抱強く1-0勝利を目指す。徹底すれば結果も出る。特にアラダイスは残留争いに強い。

 しかし、最終的にはあまりにもサッカーに華がないと言われてファンにそっぽを向かれる。ウェストハムやエバートンを退任となった原因はまさにそれで、彼のつまらないサッカーにサポーターが辟易としたのが原因だった。

 ヒューズはアラダイスほど守備的ではないが、やはりやる気や規律を重んじる英国人監督の典型的なタイプである。それは今季開幕からの吉田の扱いを見ても分かる。

 8月12日に行われた今季のプレミア開幕戦、ホームでバーンリーと0-0ドローを演じたサウサンプトンだが、吉田はベンチにも入らなかった。

 もちろん開幕戦後の記者会見で、吉田の不在に関して尋ねた。するとヒューズ監督は、「チームへの合流が遅れた。早くから合流していた選手を優先した」と発言した。

 確かに吉田のチーム合流は遅れたが、それでも8月1日には練習に参加しており、ロシア・ワールドカップ(W杯)のベスト16に進出したチームの選手としては、ごく標準的な日程だった。

 また本人も英国帰国直前に、自身の公式ツイッターで「開幕まで2週間、猛スピードで仕上げます」とつぶやいており、契約更新した直後だったこと、それに何より今季はメンバー的にもセンターバックのレギュラーが約束された状況だったこともあって、新たなシーズンに対して大いなる意欲を燃やしていた。

監督交代で状況は好転「フィジカル的にこのきつさに慣れないと…」

 ところがそんな吉田のやる気も虚しく、W杯に出場しなかったことでクラブに居残った選手を可愛がる形で、ヒューズ監督は吉田を干した。センターバックの陣容の中では吉田がサウサンプトンでのキャリアが最長で、年齢的にも、またクラブの副主将も務めるなど人間的にも最終ラインのリーダーに最もふさわしいにもかかわらず、吉田は開幕から7試合もリーグ戦に出場しなかった。

 それでも、チームとしての結果がついてくればいい。しかしヒューズが率いるサウサンプトンは迷走した。バーンリーとの開幕戦は0-0で引き分けたが、その後はエバートンとレスターに2連敗。第4節でクリスタルパレスに2-0と勝って初白星を挙げたが、その後、解任されるまでの公式戦12試合の結果は7分5敗の未勝利(PK戦は引き分けで計算)。チームは降格圏にどっぷりとはまってしまった。

 低迷の要因として真っ先に上げられるのが、最終ラインのシステムとメンバーが安定しなかったことだろう。3バックと4バックをコロコロと入れ替えた。本来であればセンターバックにはより良いコンビネーションとリーダーシップの存在を求め、1日も早くメンバーを固定するのが定石だが、これが猫の目のように入れ替わった。冒頭に記したシティ戦後の吉田の談話は、そんなヒューズの混迷ぶりを象徴するものだった。

 しかしハーゼンヒュッテル新監督のホームお披露目となったアーセナル戦で歴史的勝利をつかむと、日本代表主将の言葉も大きく様変わりした。

「(前監督との)大きな違いは運動量とプレス。(新監督になってから)とにかくプレスの練習ばかりだった。今後は、特に連戦のなかで、このインテンシティー(強度)を続けられるかどうかが鍵になるのではないかと思う。今までそういう練習をしてこなかったし、そういうサッカーをしてこなかったので、そういう(新監督の)サッカーに心も体もアジャストしないといけない。

 フィジカル的に、このきつさに慣れること。それに精神的にも(プレス戦術を)理解して、体が自動的に動かせられるようにしないといけない。その強度に耐えられるようにしないといけない。これからかなと思うけど、とりあえず新しいことをこうやってタフな練習もして、すぐに結果が出たのは大きいかなと思う」

日本代表の戦術とも共通点の多い新監督の下で、さらなる高みへ

 本人は「そう言われるのは好きじゃない」と就任会見で語ったが、ハーゼンヒュッテル監督は“オーストリアのクロップ”の異名を持つ。この日はその名にふさわしいハードなプレスをチームに徹底させて、アーセナルから大金星を上げた。吉田が「フィジカル的にこのきつさに慣れること」と話したが、それは奇しくも1年前にサウサンプトンからリバプールに移籍し、練習での走量が「段違いに多い」と驚いたフィルジル・ファン・ダイクのコメントを思い起こさせる。

 確かにきつい練習と走る試合を両立してバテない体を作ることが、ユルゲン・クロップ型の“ゲーゲンプレス”戦法を駆使する監督の下で結果を出すための必須条件だろう。

 日本代表を率いる森保一新監督も、組織的なプレスとハイテンポのパス回しのサッカーを標榜すると聞く。とすれば、今回の監督交代は、クラブと代表のサッカーが連動するという意味でも、吉田にとってはまたとない幸運だ。
 
 今後はクラブと代表で、確固たる信念とビジョンに溢れる監督の下で己を鍛え直し、30代に突入したばかりの日本代表DFはさらなる進化を遂げるに違いない。

 アーセナル戦に続く12月22日の第18節ハダーズフィールドとのアウェー戦にも3-1と快勝。吉田はこの試合にもフル出場。1月のアジアカップを目前にして、監督交代によってクラブの状況が一気に好転した今、吉田自身も気持ちを新たに、さらなる高みへ到達するための大きな一歩を踏み出している。(森昌利/Masatoshi Mori)