モドリッチ、延長オファーを拒否か

写真拡大

スペイン『アス』は、レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチ(33)が新契約のオファーを拒否したと報じた。

2018年のフットボール界を彩ったモドリッチの現行契約は2020年6月まで。レアル・マドリーは1回目の交渉を行い、新契約を提示したが、本人からお断りされたという。

そのモドリッチは年俸1000万ユーロ(約12億6000万円)の2年契約を用意しているインテルに加わり、その後の余生を中国で過ごす将来計画を思い描いている模様だ。

レアル・マドリーとしては無論、モドリッチのフリー移籍を避けたい構え。この先も延長に至らないようであれば、今シーズン終了後の売却を余儀なくされる恐れがある。