(C) 福本伸行 (C) Ruyi Films & Fire Dragon Guo. All Rights Reserved.

写真拡大

累計2150万部を超え、アニメ化や実写映画化もされた福本伸行の人気マンガ「賭博黙示録カイジ」が中国で完全映像化。中国版『カイジ』である『カイジ 動物世界』の日本公開が1月18日に決定し、特報も解禁となった。

[動画]中国版「カイジ」利根川をマイケル・ダグラスが熱演!/映画『カイジ 動物世界』特報

主人公のカイジ役は人気俳優リー・イーフォン。利根川役は『ウォール街』でアカデミー賞主演男優賞に輝き、最近では『アントマン&ワスプ』などにも出演している名優マイケル・ダグラスが演じる。

定職にも就かず自堕落な日々を過ごしていた青年カイジ。ある日友人に騙され借金を負う。借金額は5300万円。カイジは負債者に借金一括返済のチャンスを与えるという、「宿命」の名を冠すギャンブル船「デスティニー」に乗り込む。そこで行われるカード12枚を使った「限定ジャンケン」。謎の組織が裏で取り仕切るギャンブルは、うまく勝てば借金帳消しだが、負ければ命の保障はないというものだった。

解禁となった特報では、原作特有の陰鬱な雰囲気がそのまま表現されながらも、スタイリッシュな映像に仕上がっている。マイケル・ダグラス演じる「利根川=アンダーソン」をはじめ、デスティニーに乗船した一癖も二癖もありそうな「負け組」たちの姿。中国ならではのオリジナル要素として、まるでマーベルヒーロー・デッドプールを思わせる2本の刀を背負った謎のピエロが登場。華麗なアクションを披露しており、原作、アニメ、日本実写版とちがった、新しい「カイジ」を見ることができそうだ。