2018年の缶酎ハイ出荷実績「氷結」が首位譲り「−196℃」がトップか

ざっくり言うと

  • 2018年の缶酎ハイ出荷実績は、「−196℃」が初めてトップになりそうだ
  • 「氷結」が2002年から16年連続で守ってきた首位の座を譲る見通しに
  • 年末商戦にもよるが、−196℃の年間出荷量は4000万ケースを超す勢い

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング