国土交通大臣・椿山晴美役の小林幸子

写真拡大

小林幸子が、2019年1月12日からBSテレ東でスタートする新ドラマ『神酒クリニックで乾杯を』(毎週土曜、21:00〜)の第1話にゲスト出演することがわかった。小林は、国土交通大臣の椿山晴美役を演じる。

本作は、2018年本屋大賞で第8位に輝いた今最も勢いのある作家で現役医師の知念実希人の人気シリーズ小説を原作としたるノンストップ痛快メディカルミステリードラマ。外科医・九十九勝己役の三浦貴大と、「神酒クリニック」院長・神酒章一郎役の安藤政信がW主演、ヒロインとなる看護師・一ノ瀬真美役を山下美月(乃木坂46)が演じる。

小林が演じる椿山大臣は、政治信念がきちっと確立しており、やり手で味方も敵も多いが政策実行力は誰よりもある熱血政治家。そんな椿山大臣が神酒クリニックに運ばれてくるところから、ドラマが動き出す。

小林は出演が決まったことについて「まず、台本を読んで、とにかく面白い!! と思ったのが第一印象。そして、初めての大臣役。初めてっていう言葉大好きなんです。でも、なんで私に? と思ったのですが、プロデューサーさんが『自分が小林幸子さんが大好きで、絶対この役は幸子さんだ! って思い、きっと面白がってくれると思ったんです!』と言われ、即答で受けさせていただきました」と喜びを語った。

また、共演者については「皆さん初めての方ばかりでしたが、とっても仲が良く撮影の雰囲気も良くて楽しかったです。短い撮影時間でしたが、安藤さん、三浦さん、まりかちゃんとはシーンが多く、お話もさせていただきました。もっともっとしゃべりたかったので、またぜひご一緒したいです」と、和気あいあいと収録に臨んだことを明かした。

最後に「なんとパワハラ大臣役の私! ちょっと怖いセリフも多いけど、芯の通った大臣です! 初めての大臣役、ぜひぜひお楽しみに! そして、このドラマは手術シーンもみどころ。2話完結ですが、いろんなことが『え!?』『え!?』と驚きながら、最後まで目が離せません。普段見られない“小林幸子”と神酒クリニックの皆さんをお見逃しなく!!」とアピールした。

また、神酒クリニックの情報源として、「BAR神酒」に出入りする警視庁で煙たがられているはぐれもの刑事・竹林役を品川祐が演じることも決定。竹林は、いつも単独で行動する一匹狼の刑事だが、安藤演じる神酒に捜査情報を漏らしたり、神酒から犯人逮捕に役立つ情報をもらったりと、神酒クリニックメンバーと付かず離れずの距離感を保ち続けている。“嫌われ芸人”として独自のポジションを確立している品川が、今回は刑事で嫌われ役に……!?

品川は「安藤政信さんが出演されていた映画『スマグラー おまえの未来を運べ』のアクションが凄く好きだったので共演が楽しみです。出番は少ないですが、印象の濃い役なので、作品のスパイスになれるように頑張ります」と意気込みを語っている。