熊田曜子、グラビア撮影中の“最大のピンチ”を明かす

写真拡大

25日、テレビ東京系『ありえへん∞世界』に出演した熊田曜子が過去の撮影で経験したピンチについて語る場面があった。

熊田は自身のグラビア撮影の仕事について「グラビアの撮影で色んな所に行ったんですけど、何故か私、廃墟で撮影することが多くて」として「1回タイに行った時も『いい廃墟があります』って言われて」とタイの廃墟で撮影を行ったと話し始めた。

その際、「『ちょっと引きで撮ります』って言われて皆がちょっと離れたんですね」と周囲からスタッフらが離れたと説明し、「そしたら『ゴソゴソ!ゴソゴソ!』って音がするから『え、何だろう?』と思ったら野犬が現れちゃって」と野犬との遭遇を振り返った。

続けて「『え!怖っ!』」と思いながらも、遠くから撮ってるから一応ポーズはとるんですけど」「野犬のことが気になっちゃって」と野犬の存在を気にしつつも撮影を続けたと話し、「そしたらちょっとずつ増えてくるんですよ」と野犬が増えていく様子を語った。

その後はコーディネーターが追い払って事なきを得たと話し「すっごい怖かったですね」と当時の心境を明かした。

熊田は今年6月に第3子となる三女を出産。11月に自身のブログで「この1ヶ月で体重 2.25キロ 体脂肪率は 1.5パーセント 落ちました。」と綴り、自身のInstagramの画面と思われるスクリーンショットを公開。そこには「50.80kg」と表示された体重計が写っていた。