政府がIWC脱退表明 「捕鯨の町」では過激な反対活動への不安も

ざっくり言うと

  • 政府は26日、国際捕鯨委員会(IWC)からの脱退を表明した
  • 古式捕鯨発祥の地として知られる和歌山県太地町の町長は脱退を歓迎
  • 一方、住民は「過激な反捕鯨活動が増えるのではないか」と表情を曇らせた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング