松本穂香

写真拡大

松本穂香と松尾諭がW主演する連続ドラマ『JOKER×FACE(ジョーカー・フェイス)』が、動画配信サービス「FOD」(1月12日より毎週土曜に先行配信)と、フジテレビ(1月14日より毎週月曜、24:55〜※初回は25:20〜)で放送される。

本作は、東京・渋谷を舞台に、インターネットの過激動画をめぐるスリリングな攻防劇を描いた新感覚のクライム・エンターテインメント。

完全オリジナルストーリーの脚本を担当したのは、映画『あの日々の話』原作・脚本・監督を手がけ、第31回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門にノミネートされた最注目の若手劇作家・玉田真也。また、監督のスミスをはじめ、『ぼくは麻理のなか』『青と僕』といった話題の連続ドラマを手がけたクリエイターが再集結する注目作品だ。

松本は、「JOKER」という動画配信チャンネルを運営し、動画投稿で荒稼ぎする謎の美女・流川(るかわ)を、松尾は、流川の口車に乗せられ、動画制作の片棒をかつぐはめになる中年男・柳(やなぎ)を演じる。さらに、『ワンダーウォール』(NHK)で主演に抜擢された新鋭の俳優・須藤蓮が、「JOKER」チャンネルに心酔する謎の男・レン役として出演する。

舞台は若者の流行発信地、東京・渋谷。流川がターゲットにするのは、清純派を演じる“アイドルの実態”、すぐにだまされてしまう老婦人を狙った“オレオレ詐欺の実態”、出会い系アプリに巣食う“サクラビジネスの実態”など、きらびやかな街の裏側で起こっている“犯罪ボーダーライン”のトラブルばかり。

そんな現場に柳を潜入させ動画を撮影し、「JOKER」チャンネルに配信。すると、多くのユーザーがのぞき見感覚で出現。流川が巧みに仕掛ける罠によって、自分とは関係のない他人が窮地に追い込まれていくことに興奮し、思い思いのコメントを発信、動画は拡散されていきます。ネット民の代弁者のごとく、何のためらいもなく、対象者をさらしていく流川。果たして流川の目的とは……!?

松本と松尾は、「今回私が演じる流川は、ネット動画で活躍する謎の女性なのですが、そんな流川が一体どんな人間なのか、最後まで注目して観て頂けるとうれしいです。ダメなおじさん、柳を演じる松尾さんとの掛け合いも見どころです。ぜひ楽しみにしていてください!(松本)」、「10年ぶりにフジテレビの深夜ドラマに帰ってきたらずいぶんな大役でワナワナしましたが、脚本は面白いし監督は天才だし松本穂香さんはめっちゃ可愛いしで、連日連夜の過酷な撮影もなんのそのです。深夜枠だからこその本気のドラマ、ぜひご覧ください(松尾)」とアピールしている。

<第1話あらすじ>
リストラされ途方にくれたサラリーマンの柳(松尾)が、渋谷でオヤジ狩りに遭い、若者から暴行を受けていた。そこに、突如姿を見せ、うれしそうにその様子を撮影し始めた流川(松本)。警察が現れ、若者が取り押さえられている隙に流川は柳を連れて逃走。一息ついたところで、礼を言い柳が立ち去ろうとすると、流川が動画サイトを見せた。そこには、先ほどのオヤジ狩りの場面がアップされていた。驚く柳に流川は、自分に協力すれば報酬を出す、と持ち掛ける。躊躇する柳だったが、誰にでも体を許す清純派アイドル(永尾まりや)と肉体関係を持つのが仕事だと言われ……。