AIが選んだ「今年の1枚」

写真拡大 (全2枚)

 年の瀬になると話題になるのが、世相を表す今年の漢字。清水寺の貫主が揮毫した一字は「災」だったが、今年を振り返るのは漢字だけではない。「ゲッティイメージズ」が「今年の1枚」を発表した。中でも注目は、AIが選んだ「今年の1枚」だ。

 写真やビデオ、音楽などのデジタルコンテンツを世界200か国以上に提供しているゲッティイメージズは、2018年に捉えた報道写真から、「ニュース」「エンタテイメント」「スポーツ」「ダイバーシティ&インクルージョン」「オリンピック」にカテゴリー分けし、それぞれの “決定的瞬間”を展示する「Year in Focus(イヤー・イン・フォーカス)2018 Gallery」を、12月18日(火)〜12月21日(金)の期間、東京都港区の新虎通りCORE「THE CORE KITCHEN/SPACE」にて開催。初日の18日には、NTTデータによる脳科学×AIモデルの「NeuroAI by NTT data」が選ぶ「今年の1枚」が発表された。人間とAIで選ぶ写真にはどのような違いがあるのだろうか?

  今回AIは、「今年の1枚」を「最も印象的な総合1位」という基準で選んだという。そして、エンタテイメントカテゴリーは「好意的な印象」、ニュースカテゴリーは「ポジネガ共に強い印象」、スポーツカテゴリーは「活発的な印象」を基準にしているという。

 エンタテイメントカテゴリーで人間が選んだのは9月5日、チャールズ皇太子70歳の誕生日を記念し撮影された家族との公式写真だ。一方、AIが選んだのは、5月12日、フランス・カンヌ映画祭開催中に行われたマダム・フィガロとディオール主催のディナーに参加するモデルのウィニー・ハーロウ、ヘイリー・ボールドウィン、ベラ・ハディットを写した1枚。ウィニー・ハーロウは「尋常性白班」という疾患を持ちながらモデルとして活躍し、世界で最も美しい「まだら肌」と呼ばれ、話題になっている女性だ。

 ニュースカテゴリーで人間が選んだのは5月15日、ハワイでのキラウェア火山から立ち上る噴煙を背景にゴルフを楽しむ人たちを写したもの。そしてAIが選んだのは8月10日、アメリカのカリフォルニア州、クリーブランド国立公園で起きた山火事だ。「Holy Fire」と名付けられた大規模な山火事の火が暗闇の中で不気味に広がっていく様子を捉えている。
 ちなみにダウンロード回数が多かった写真も出展されている。世界でのダウンロード数が多かった写真には、ビヨンセやオバマ前大統領とミシェル夫人、イギリスのヘンリー王子と結婚したメーガン・マークルさんの花嫁姿などが。気になる日本国内でのダウンロード数が多かった写真には、2019年のラグビーワールドカップ、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて注目を集めているせいか、スポーツ関連の写真が多かった。サッカー・ワールドカップロシア大会で本田圭佑選手がゴールを決めて歓喜にわく様子、川島永嗣選手のセーブシーン、テニスの大坂なおみ選手など、今年活躍した選手たちの活躍ぶりを思い出させるものとなっている。

 NTTデータの「NeuroAI」は、人間ひとりひとりの異なる感性のメカニズムを脳科学によって解明し、実用的なサービスとして活用するためのものだ。企業の、コンテンツ、広告、製品の最適化などに使われているという。

 NTTデータの社会基盤ソリューション事業本部部長・矢野亮氏にAIの利用方法について聞いてみた。

「テレビCMの評価に使われています。今まではインタビューやアンケートを書いてもらっていましたが、人のバイアスがかかってしまうので、本当のメッセージが伝わっているかどうか分かりませんでした。この技術は脳から無意識の部分も含めて取り出す技術なので、より効果的なコンテンツを消費者に届けることができます。まずは広告主さんや広告調査をしている会社さんなどに使っていただいています」

 ちなみに、このAIの元データは日本人から抽出されているという。今回は“日本人のマスが選ぶ1枚”という視点で選ばれたが、男性や女性、年齢層による好みを反映させて、例えば「20代の女性が選ぶ1枚」とセレクトも可能だという。

◆AIが選んだ「今年の1枚」とは?

 さて、全てのカテゴリーを統合して人間が選んだ「今年の1枚」は6月12日、アメリカのテキサス州で国境警察の取り調べを受ける横で泣く、2歳の女の子の写真。トランプ大統領が発令した不法移民に対する「ゼロ・トレランス」政策について考えさせられる1枚だ。

 一方、AIが選んだのは9月22日、イエメンの内線で戦死した戦士の遺体を野外病院の遺体安置所で見る友人を写したもの。悲惨な現実を切り取ったものだが、静寂とある種の美しさを感じる。

 ゲッティイメージズ ジャパン株式会社の代表取締役・島本久美子氏にAIが選んだ「今年の1枚」について聞いてみたところ「鳥肌が立ちました。よくこれを選んだなと思いました」と語る。

「インパクトのある写真には躍動感があることが多いですが、これは静の写真。遺体の写真なので、ネガティブなことを想像しがちですが、これは写真として美しい。下の方の薄いブルーと白。お見舞いに来られている方の衣装…、まるで映画のワンシーンのようです。AIが、この静の写真をよくぞインパクトのある写真として選んだと思いました」

人間とAIが選んだ写真の違いについても、島本氏に聞いてみた。

「AIは過去に人間が選んだり、反応したというデータベースを元に、総合的に選んでくれています。一方、人間が選ぶとその時々の判断、意思が入ります。今年はそれが明らかで、政治、政策に影響を与える写真が選ばれています」

 島本氏によると、ゲッティイメージズではすでに、写真の選定・審査に独自で開発したAIを活用しているという。撮影する写真、送られてくる写真の数が年々増えてきているので、基本的には全て人間が審査してはいるが、最初のふるいをかける部分などにAIを活用し、人間は人間にしかできない意思の部分に注力していきたいとのこと。

 進化を続けるAI、果たして来年はどのような写真を選ぶのだろうか。