巨人に入団が決まった岩隈久志

写真拡大

 前マリナーズの巨人・岩隈久志が19日、入団会見を行った。

 岩隈は巨人に入団した理由について「必要としてくれるところでプレーしたいという思いがあった。FAになった直後に原監督から直接、お言葉をいただいた。熱い思いに惹かれました。原監督から直接来季優勝するために、真心の言葉をいただいて熱い思いに応えたい気持ちでジャイアンツでプレーさせていただくことを決断致しました」と原監督からのラブコールが決め手になったという。「来シーズンはメジャーで培った経験を活かして、若手の手本にもなるようなプレーができるように、優勝目指してチームに貢献できるように頑張りたいと思います」と決意を述べた。

 入団会見に同席した原辰徳監督は「こういう形で晴れてジャイアンツの一員として戦う集団になってくれたというのは、監督しても非常に心強いと思います。様々な考えの中で、決断に至るまでに悩んだこともあるでしょうけど、メジャーリーグが第2の人生であるならば、ジャイアンツで第3の野球人として大いに羽ばたいて欲しいと思います」と期待を寄せた。

 なお背番号は、近鉄、楽天時代に背負った『21』に決まった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)