駅の伝言板や灰皿・白線…平成30年間で鉄道から消えたもの

ざっくり言うと

  • 平成の30年間で、東京の鉄道から消えたものについて筆者が解説している
  • 携帯電話の普及にともない撤去された伝言板、駅のホーム上の灰皿や白線
  • また新型車両の導入により、徐々に姿を消している扇風機搭載の車両など

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング