「CoCo壱」に糖質オフカレー登場。ご飯がカリフラワーに…イケるか食べてみた

写真拡大

 ダイエット方法のひとつとしてだけでなく、健康面でも注目されている低糖質メニュー。最近ではコンビニやカフェでも見かけるようになってきました。最近では高カロリー、ジャンクなメニューを扱っている健康とは無縁そうなお店やファストフードまで低糖質戦線(!?)に登場しています。

 さらに、カレー好きにはお馴染みなチェーン店「カレーハウスCoCo壱番屋(以下、ココイチ)」にも、糖質オフメニューが登場。白米があってこそのカレーなのに低糖質とはどういうことなのか……早速、お店に潜入してきました。

◆糖質の少ないカリフラワーをライス代わりに
 ココイチが12月1日から投入したロカボメニュー「CoCo de オフカレー」(各690円/税込※地域により異なる)は、ライスの代わりに糖質が少ないカリフラワーを使ったという一品。カリフラワーが約120gでライスが約30gと、計150g分の「ライスに見立てたもの」が食べられます。ちなみにライス150gでお茶碗1杯ほどの量です。

 メニューを手に取り、早速お目当てのカレーも探すも見つからない……。まさか、取扱のない店舗!? かと思いきや、ページの最後に小さく掲載されていました。これは気付かないって!!

 ロカボメニューは3種類。「ほうれん草&フライドチキン」「ミニハンバーグ&チーズ」「イカ&ソーセージ」と、どれも油多めなトッピング。筆者は迷った末、「ほうれん草&フライドチキン」をオーダー。ルーの辛さは選べますが、カリフラワーとライスの量は変更はできないそうです。

 ちなみに気になるエネルギーと糖質は、公式サイトによると下記のとおり。

【普通】※ライス量300g
エネルギー:約700〜1200Kcal 
糖質:約130〜150g  

【スモール】※ライス量150g
エネルギー:約380〜600Kcal 
糖質:約65〜80g 

【糖質オフ】 
エネルギー:414〜437Kcal
糖質:26.8〜33.8g

 ライスを半分にした「スモール」よりもさらに糖質控えめです。なんせカリフラワーですからね。

 店内を見回すと、さほど人がいないのですぐ出てくるかと思いきや、なかなか出てこない。持ち帰りのお客さんが多かったのか、これが普通のスピードなのか。なぜか大量に漫画が置かれていたので、それらを読みがらカレーを待ちます。ドキドキ……。

◆あれっ? カレーが思ったより小さい!?
 オーダーしてから10分。待ちに待ったカレーがやってきました!

 最初の印象は「ちっさい……」。写真でお皿だけ見ると普通サイズのように感じますが……

 お皿の直径は筆者(女性)の手の平より少し大きいくらいじゃないでしょうか。見た目からしてボリューム感は少な目です。ライス部分が通常メニューの半量ですから当たり前と言えば当たり前ですね。

 ライス側からチェックしてみましょう。片側には、アイスクリーム小サイズくらいのライスの小山、その量およそ30g。その下には、カリフラワーのみじん切りのようなものが120g敷き詰められています。一見、ご飯ふうに見えなくは……ないレベルです。

◆いざ実食! 味と満足度は!?
 まずはカリフラワーをご飯にみたてて、一口チャレンジ!

 うう〜ん。歯ごたえはありますが、米の代わりとは全然思えないです。むしろカリフラワー入りカレーのルーを食べているような。

 次に、いつも食べているご飯を一口。

 はい、これが正しいカレーです。カレーとお米が、いかに相性がいいのか。食べごたえがあるのか、再確認することができました。

 次にフライドチキンをいただきます。サイズ的には、一口でもいけちゃいそうな大きさ。しっかりしたお肉なので、食べ応えがあります。

 カリフラワーをご飯代わりに食べることができず、最終的に、普段カレーライスではやらないぐちゃ混ぜスタイルに。

 カレールーの具材としてとらえてしまえば、たっぷりのカリフラワーは食感がしっかりあっておいしかったです。ただ、ご飯の代わりだと思ってチャレンジしたのがいけなかったと反省しました。

◆できればもう1品プラスしたいところ
 あっという間にカレーは完食! カレーの味はいつものココイチカレーです。ちょっとボリューム感が足りなかったのと、野菜があまり摂れないので、女性としてはサラダあたりをプラスしたいところ。

 でもそうするとお値段、まあまあするんですよね……。糖質オフカレーは690円ですが、あのボリューム感なら500円台で許してほしいというのが、正直な感想でした。

 でも腹八分目以下に収まるのと、500kcal以下の低カロリーなのを思うと、ダイエット中のメニューや夜食カレーにも良さそう。正月太りした時のダイエット食候補のひとつとして、覚えておこうと思います。

※一部店舗では、取り扱いメニュー・価格が異なります。

―ガッツリメシの糖質オフメニューを食べてみた vol.1―

<写真&文/山田朝子>