「一般葬」は減少し「家族葬」が増加

写真拡大

「亡くなった祖父は97才と高齢で、友人や知人もほとんどが他界していたので、家族で話し合って『家族葬』にしました。家計に余裕もないし、費用も安く抑えられると聞いて、家族で『一安心だね』と話していました。ところがその後、葬儀社から渡された請求書にびっくり。最初に聞いていた金額より、40万円も高かったんです」

 こう話すのは、三重県在住の48才主婦の川口さん(仮名)。せっかく家族葬を選んだのに、一般的な葬儀をやるのと金額はあまり変わらなかったという。茨城県に住む田中さん(35才主婦・仮名)も、頭を抱えている。

「祖母は派手なことが嫌いで、生前から『私の葬式は義理も見栄も要らない。親しい人だけで送り出してほしい』と話していました。その意向に沿って『家族葬』にしたんです。ところが、四十九日が過ぎ、納骨のため菩提寺に行くと、『連絡もなしに、他のお寺の僧侶が戒名をつけた仏様を納骨することはできない』と断られてしまいました」

 昨今、全国でこうした「家族葬」を中心としたトラブルが増えている。日本エンディングサポート協会理事長の佐々木悦子さんが話す。

「近年、『家族葬』や『直葬』といった、小規模な葬儀を選ぶ人が増え、家族葬は今や主流になりつつあります」

 葬式や墓の情報サービス会社「鎌倉新書」によると、葬儀全体のうち、家族葬の割合は2015年の31.3%から2017年には37.9%と増加し、全体の約4割に達した。一方、「一般葬(通常の葬儀)」の割合は59%から53%と約6%減り、家族葬に置き換えられた格好だ。

 家族葬とは、家族や親戚、故人と親しかった人だけに参列者を絞る、小規模な葬式のこと。通夜や葬儀、僧侶による読経もある。

 家族葬に並んで人気なのが「直葬(火葬式)」だ。直葬は、通夜や葬儀を省き、病院や自宅から直接火葬場に遺体を運ぶ。儀式としては、火葬の間に炉前で読経する程度だ。簡素なだけに、費用は20万円前後で済む。佐々木さんが話す。

「そうした『コンパクト葬儀』が増える背景には、少子高齢化で若い世代の葬儀費用の負担が増え、昔のようにお金をかけられなくなったという経済的な事情が一因にあります。

 また、バブル時代は人をたくさん呼んで盛大に葬儀を行う人がほとんどでしたが、その半面、遺族は参列者に一日中頭を下げなければならず、文字通りに泣く暇もないほど忙しかった。そうした“見栄”に振り回されることに疑問を感じ、故人とゆっくりお別れしたいと考える人が増えたのも大きな要因です。“家の格式に合った葬式をしたい”と体面にこだわる風潮が失われつつあることも、葬儀の簡略化の背景にあるでしょう」

 だが、ニーズに合わせて葬儀が安価・簡略化するほど、冒頭の川口さんや田中さんのようなトラブルも多発している。全国の消費者センターに寄せられた葬儀に関する相談は、2008年の425件から2017年には636件と増加。ピーク時は750件を超えた。

 一見最適な葬儀形式に見えるが、そこには意外な落とし穴がありそうだ。「格安だから」「家族だけなら誰にも気を使わず済む」――そんな思い込みで安易に選べば、無用なトラブルを呼び込みかねないようだ。

◆「家族葬」は「一般葬」より高額になることも

「家族葬は斎場の規模が小さく、祭壇や供花も質素で、参列者も少ないから、一般葬より安いに違いない」――多くの人はそう考えているのではないだろうか。確かに料金だけを比較すれば安いが、最終的にかかるお金はそれほど違わない。

「小さな斎場を選べば会場費は安くなり、必然的に祭壇や供花も小規模になるため、安くなる要素はあります。しかし、それ以外の費用は実は一般葬とさほど変わりません」(佐々木さん)

 言われてみれば、棺は一般葬と同様に必要だし、遺体を保存するドライアイスや霊柩車、火葬料もかかる。当然、僧侶へのお布施や戒名料も金額に大差はない。家族葬だからといって、それらが不要になったり、安くなるわけではない。

「各社の見積もりを見ると、30人くらいの家族葬の場合、80万〜150万円の間が多く、一般葬は150万円からというケースが多い。そこに、お布施のほか、オプション(追加料金)を加えたりして、価格が上がっていきます。

 料金だけ見れば家族葬の方が安いですが、多くの人が陥りがちなのが、家族葬は会葬者の数が少ないため、香典収入が見込めないということ。少し豪華な家族葬にしただけで、最終的に一般葬より高くつくこともよくあるのです。

 香典収入の半分は『半返し』で無くなりますが、それでももう半分は葬儀費用に充てられます。トータルで見れば、一般葬が高いとは限りません」(佐々木さん)

 しかも、格安をウリにする葬儀社のなかには、悪徳業者も潜んでいる。宗教学者で『0葬――あっさり死ぬ』(集英社)の著書がある島田裕巳さんが話す。

「葬儀社の中には、セット料金の形を取るところが多い。一般的には、祭壇や棺、霊柩車に人件費、ドライアイスなどを含めて『一式』と謳う葬儀社が多いですが、業者によっては、そのうちのどれかをこっそり『追加オプション』にしているところも見受けられます。

 一式の金額のみを提示し、お得感を煽って受注し、葬儀が終わった後に追加料金として請求するのは常套手段なので要注意です」

 冒頭で紹介した川口さんのケースがこれだ。「葬儀一式」と言われて、それ以上はお金がかからないと思い込んだ。しかも、「すべてお任せします」と言って任せっきりにしていた。

「口が裂けても『お任せ』と言ってはいけません。あれこれと理由を付けてオプションを追加され、値段が跳ね上がってしまいます。

 また、そうした悪徳業者を見分けるには、契約する際、『見積書をください』と伝えるのが有効です。見積書を出し渋ったり、提出しても『葬儀一式』の金額だけで、中に何が含まれているかを明記しない業者は怪しいと思いましょう」(島田さん)

 取材すると、格安の葬儀社を選んだばかりに、本来は2人来るはずの葬儀社の担当者が1人しか来ず、棺を運べなくなったケースも。担当者は高齢の女性の喪主に、「こんなに安い葬儀なんだから、人を増やせるわけがないだろう。近所から誰か人を呼んでこい」と逆ギレする始末。仕方なく近所の人に頼み込み、棺を運んでもらったという。

 いくら安くても、滞りなく葬儀を遂行できるだけの人員を確保・提供するのは葬儀社として当たり前だと思うが、葬儀社も格安・簡略化の流れの中で競争が激化し、生き残るため、あの手この手で必死なのだ。

※女性セブン2019年1月1日号