秋山の欠場により、ホイスの相手は所に、永田の相手はレミギウスへ変更となった

写真拡大 (全2枚)

 12月31日(土)大阪ドームで行われる『FieLDS K-1 PREMIUM 2005 Dynamite!!』で、当初出場が予定されていた秋山成勲がヘルニアにより欠場。これにより、K-1を主催するFEGは異例の大幅カード変更という大なたを振るった。

 22日都内ホテルで会見を行い、谷川貞治K-1イベントプロデューサが経緯を説明。「秋山選手が今月に入ってギックリ腰とヘルニアを併発しました。本人もギリギリまで練習もせずに、日本中のあらゆる名医に診てもらい静養したのですが回復せず、先週末くらいから(代替カードを)調整しまして、ここに発表をさせて頂きます」と語った。

 ホイス・グレイシーの相手には、なんと永田克彦との対戦が決まっていた所英男が大抜擢。これにより、永田の相手もレミギウス・モリカビュチスに変更となった。

 谷川氏は、今回のカード変更について「ホイスの対戦相手として誰が一番いいのかという話になり、今年最も視聴率が取れる可能性があるのは誰かと考えた結果、所選手になった」と話し、大晦日での対戦が流れた永田vs所に関しては、来年3月のHERO'Sで実現させることを明言した。

『FieLDS K-1 PREMIUM 2005 Dynamite!!』‐対戦カード、大会詳細
ライブドア格闘技ブログ‐登録数100名突破!噂のブログはこちら!