ファレル&ロビン・シックが著作権侵害裁判で敗訴 故マーヴィン・ゲイの遺族に約5.6億円の支払いを命じる判決

写真拡大

 ファレル・ウィリアムスとロビン・シックの「ブラード・ラインズ〜今夜はヘイ・ヘイ・ヘイ」が、故マーヴィン・ゲイの「黒い夜 / Got to Give It Up」の著作権を侵害していると遺族側が訴えていた裁判で、米カルフォルニア州の連邦地裁が被告側に約500万ドル(約5.6億円)の支払いを命じる判決を言い渡した。

 John A. Kronstadt連邦判事の修正された判決によると、シックとファレル、そしてファレルのMore Water From Nazareth音楽出版は、連帯でゲイの遺族側に約280万ドル($2,848,846.50、約3.1億円)を損害賠償として支払い、さらに著作権侵害により得た利益としてシックが個人で約170万ドル($1,768,191.88、約1.9億円)、ファレルと自身の音楽出版会社が約35万ドル($357,630.96、約3,900万円)を支払う。また、判決前の利子として約9,000ドル($9,097.51、約100万円)も発生しており、支払いがすべて完了するまで利子は発生し続ける。弁護士料は各自で負担する。

 今後は「ブラード・ラインズ〜今夜はヘイ・ヘイ・ヘイ」の作詞作曲/出版収入の半額のランニング・ロイヤルティがゲイの遺族側に支払われることになった。