12月上旬の平日、ひとりで書店などに立ち寄った鈴木京香

写真拡大 (全5枚)

 一時期は結婚間近と言われていた鈴木京香(50才)と長谷川博己(41才)が破局していたことが明らかになった。

「年齢とか環境の違いみたいなものを軽く飛び越えてしまうのが愛情。私もそういうものに戸惑ったり、ためらったりしないで生きたい」
「一度恋に落ちたら周りの状況など気にならなくなった。恋愛することに躊躇しなくてもいいのかなと思うようになりました」

 2011年9月23日、映画『セカンドバージン』の初日舞台挨拶で、熱い恋愛観を語った鈴木。その横に立ち、彼女の言葉を笑顔で聞いていたのは、映画で共演した長谷川だった。

 その時、まだふたりの交際は世に出ていなかったが、すでに恋仲だった。長谷川との出会いによって、「年齢や環境の違いを飛び越える愛」を知った京香。何度もゴールイン間近と報じられた彼女は、ついにある決断を下した──。

 現在、NHK連続テレビ小説『まんぷく』でヒロインの夫役を好演する長谷川は、収録のため5月から平日は大阪でホテル住まいを続けている。

「長谷川さんはいつもニコニコして優しい雰囲気です。収録後は大阪出身の大谷亮平さん(38才)や桐谷健太さん(38才)らに連れられて夜の街に出ることも多く、長谷川さんは、“大阪はおいしいところが多いですね”と喜んでいます」(NHK関係者)

 そんな長谷川の行動に変化が表れたのは、ここ2〜3か月のことだ。

「以前は撮影が休みの週末になると東京に帰っていましたが、ここ数か月は帰京の頻度が少なくなりました。たまに都内の自宅に戻ったとしても、ほとんどひとりで過ごしているようです」(前出・NHK関係者)

 本誌・女性セブンは大阪から東京に戻った長谷川を、何度かキャッチしていた。11月中旬の日曜、長谷川の姿は京香の自宅ではなく、都心のあるマンション周辺にあった。マスク姿で携帯電話をいじりながら、周囲を警戒し、そのマンション近くで姿を消した。

 12月上旬の日曜には黒い服の上下にマスク、キャップ姿で高級外車に乗って外出。途中、路肩に停車して、後続車をチェックするなど警戒心を見せ、やはり、11月中旬の時と同じマンション周辺に向かっていった。

 その両日とも、京香の自宅マンションは静けさを保ったままだった。京香の友人がつぶやく。

「最近、京香さんは長谷川さんに別れを告げたようです。彼女は、“私、もう彼を育てきったでしょ?”と少し笑いながら語っていました」

◆友人として活躍を見守り続けたい

 長谷川と出会う前、京香はある取材でこう語った。

《ご飯を作るのは大好き。エスニック・和洋中、何でも作るし(中略)いつお嫁に行ってもいいくらい食器もカトラリーも揃っています(笑)》

 かつては結婚願望が強かった京香だったが、50才を迎え、考えは変わっていた。

「京香さんは滝川クリステルさん(41才)、柴咲コウさん(37才)と仲がよく、3人で犬猫の殺処分ゼロを目指す動物愛護活動に励んでいます。母の面倒を見ながら、自分がするべきことをする。友人もいる。きっと一区切りついたんだと思います。今年50才で、芸能生活30年の節目の年だったのも決断を後押ししたんでしょう」(テレビ局関係者)

 そんな京香が選んだのが、長谷川との別れだった。

「京香さんは、長谷川さんが役者として大成したことで踏ん切りがついたんです。彼女は彼との恋愛を楽しむと同時にどこかで彼を“育てたい”という母性もあった。今や一流の俳優となった長谷川さんを見て、長すぎる春にピリオドを打って、自分らしい新たな人生を築くことを決めました。一方の長谷川さんも、“生涯独身でいいから、仕事に命をかけたい”という決意でいます。ふたりとも、人生の次のステップに進むつもりなんです」(前出・京香の友人)

 大阪と東京を行き来する長谷川は週末が唯一、京香と「会える日」だった。だが、ここ最近は、件のマンションに向かうばかりで京香の部屋を訪れることはなかった。

「京香さんは長谷川さんについて、“これからは恋人としてではなく、友人として活躍を見守り続けたい”とも語っていました」(前出・京香の友人)

 8年にわたる恋物語に終止符を打った京香。自宅を出て仕事に向かうその足取りは軽やかだった。

※女性セブン2019年1月1日号