SixTONES・松村北斗、高地優吾、ジェシー、京本大我 (C)モデルプレス

写真拡大

SixTONES/モデルプレス=12月11日】ジャニーズJr.内ユニット・SixTONESが11日、千葉・幕張メッセにて開催されたライブイベント「YouTube FanFest Music」に出演した。

【さらに写真を見る】ジャニーズJr.内ユニット・SixTONES登場!かっこよすぎるパフォーマンスに会場から悲鳴

◆SixTONES、“神曲”連発 圧巻の歌声&パワフルダンスで魅了


今年、公式YouTubeチャンネル『ジャニーズJr.チャンネル』にて動画配信をスタートさせたSixTONES。同年10月、YouTubeが世界各地で展開している「YouTube アーティストプロモ」キャンペーンに抜てきされた。

ステージに登場したジェシー、高地優吾(※「高」は正式には「はしごだか」)、京本大我、松村北斗、森本慎太郎、田中樹の6人は、9月にタッキー&翼を解散、年内で芸能界を引退しプロデュース業に専念することを表明している俳優の滝沢秀明が初プロデュースしたミュージックビデオの楽曲『JAPONICA STYLE』からステージをスタート。

SixTONESにとっても初のミュージックビデオとなった楽曲を、クールでパワフルなダンス、圧巻の歌声で披露すると、会場には悲鳴のような歓声が響いた。

田中が「改めてSixTONESです!」と叫び、1人ずつ自己紹介。続けて田中が「僕たちほかにも自分たちの曲があって、きょうは2曲自分たちでチョイスしてきました!メドレー形式で披露させていただきますので、最後まで楽しんでください!」と呼びかけ、ファンのなかでも“神曲”と人気を集める『IN THE STORM』『Amazing!!!!!!』と連発。セクシーなパフォーマンスで一気に観客の視線を引き込み、会場のファンは6人に酔いしれていた。

◆SixTONES「ジャニーズのファンをSixTONESのファンにする勢いでやります!」堂々宣言


パフォーマンス後のトークでは、「会場に来てくださった皆さん、ライブ配信を観ている皆さん、楽しんでくれましたか?」(田中)、「これが松村北斗で、これがSixTONESです。今後もよろしくお願いします」(松村)、「森本慎太郎でした!ありがとうございました、楽しかったです!」(森本)、「最年長でいじられキャラを担当しています!」(高地)、「こんな素敵な体験をさせていただけて嬉しいです!」(京本)、「サウナ上がりのジェシーです!もっと今年よりも来年、SixTONES盛り上げていこうぜ!」(ジェシー)とそれぞれコメント。

ジェシーは英語でも「ジャニーズJr.のSixTONESを検索してくれたら必ず心に刺さる何かを届けるからチェックしてくれ」と挨拶し、会場から拍手を浴びた。

さらに、東京都内の主要駅に巨大ポスターが展示されたことについて、田中は「こんなことになるのかと信じられなかったです」と素直な思いを口に。ジェシーは「今年ジャニーズではなく、日本のタレントとして選ばれて、滝沢くんもプロデュースしてくれたので、来年はもっと頑張ります。とにかくやれることを全力でやって、ジャニーズのファンをSixTONESのファンにする勢いでやります!」と来年の抱負を明かした。

◆「YouTube FanFest Music」


同イベントは、YouTube上で高い人気を誇るクリエイターやアーティストとそのファンが集うオンライン動画コミュニティの祭典。2013年より、アジアを中心に11ヶ国にて開催され、2015年以降はカナダ、ブラジルにおいても実施されるなど、世界規模のイベントへと発展した。

日本では今年が第5回目で、初の2日間開催。また、YouTubeのクリエイターたちが、ファンからの声援を受けてレッドカーペットを歩いたり、インタビューに答える「YouTube FanFest Red Carpet」も12月12日に開催する。(modelpress編集部)

■SixTONES「YouTube FanFest Music」セットリスト


M1.JAPONICA STYLE
M2.IN THE STORM
M3.Amazing!!!!!!

【Not Sponsored 記事】