中国系米国籍物理学者の張首晟(Shoucheng Zhang)教授は12月1日亡くなったことがわかった(大紀元資料室)

写真拡大

量子スピンホール効果などで知られる中国系米国籍物理学者で、スタンフォード大学の張首晟(Shoucheng Zhang)教授(55)は12月1日に、米で亡くなったことが分かった。張教授は、米投資会社ダンファー・キャピタル(Danhua Capital)の創業者で、2009年中国当局のハイレベル人材召集計画「千人計画」に選ばれた。また、同氏は中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)と近い関係にあったことから、中国国内外では、教授の死について関心が高まった。

張教授の家族とスタンフォード大学は12月6日、同氏の死去について声明を発表した。遺族は声明で、教授が生前「うつ病に悩まされた」と明らかにし、死去は「想定外の死だった」とした。しかし、死因について明らかにしなかった。自殺とみられる。

量子物理学の権威

張氏は1963年中国上海で生まれた。15歳の時、地元名門の復旦大学物理学部に入学。17歳の時に国費でドイツへ留学。また同年、米ニューヨーク州立大学でストーニーブルック校で博士課程に入学。ノーベル賞物理学賞の受賞者である楊振寧教授が指導教官だった。1987年に物理学博士号を取得。1993年にスタンフォード大学物理学部で教鞭を取り、1995年に32歳の時、スタンフォード大学の名誉終身教授となった。

張教授は量子物理学の分野で多くの研究成果を上げ、2007米科学誌「サイエンス」は、教授が率いる研究チームの研究成果を「世界10大成果」の一つと評した。教授らは06年、量子スピンホール効果を提唱した。

2017年7月20日、張首晟教授は他の研究者3人とともに、「サイエンス」誌に論文を掲載し、天使の粒子、または幻の粒子と呼ばれるマヨラナ粒子が存在する証拠を初めて発見したと報告した。マヨラナ粒子は1937年イタリア物理学者のエットーレ・マヨナラによってその存在を予言された。世界各国の科学者は、マヨラナ粒子の発見によって、量子コンピュータがさらなる進化を遂げると期待する。

張教授は2009年、中国当局のハイレベル海外人材招聘プログラム「千人計画」に応じ、清華大学の量子科学と技術研究センターの共同主任に就いた。

米ボイス・オブ・アメリカ(VOA)7日付によると、2012年張教授が清華大学のイベントで、「千人計画」に選ばれたことを「誇りに思う」と話した。また、「スタンフォード大学にいながら、祖国の発展にいつも気にかけていた」とも述べた。

米政府はこのほど、中国当局主導の「千人計画」に警戒を強めている。米は、中国当局が「千人計画」を通じて、各国の重要なハイテク技術を不正に入手していると批判している。

2013年、張教授らがシリコンバレーで投資会社ダンファー・キャピタルを創設した。

VOAによれば、同社は当時4億3450万ドル(約492億円)の資金を集められ、米国内の人工知能やビックデータ、ロボットなどハイテク技術分野のスタートアップ企業100社以上に投資した。中国メディアは過去、北京市政府が資金提供する中関村発展集団が、ダンファー・キャピタルに出資したと報道したことがある。中関村発展集団はハイテク企業の集積地である北京市中関村科技園区で国家級イノベーションモデル地区の建設を担う国有企業。

米通商代表部(USTR)が11月20日、米通商法301条に基づく対中制裁措置に関する調査報告書の改定版を発表した。 同報告書は、ダンファー・キャピタルを名指して批判した。「中国当局が政府系投資会社を通じて、米スタートアップ企業に少額投資を行い、簡単に米の最新先端技術とその情報を入手できた」

自殺とファーウェイCFO逮捕

張教授の遺族は教授が長年、「うつ病」に苦しんでいるとのコメントを発表した。米地元警察当局は死因について「自殺」と発表した。インターネット上では、張教授の謎の死について様々な憶測が飛び交った。

「投資が失敗したために自殺した」との見方があった。

一方、教授が亡くなった日に中国通信機器大手の華為科技(ファーウェイ)の最高財務責任者(CFO)孟晩舟氏が、イラン経済制裁をめぐって金融詐欺の疑いがあるとして、カナダで拘束された。この2つの出来事の間に何らかの関連性があると主張するネットユーザーがいた。

「2017年4月、張首晟氏が深セン市でのIT関連会議に参加した時、ファーウェイの取締役・余承東氏(コンシューマー事業CEO)が自ら、教授の送り迎えを担当した」、「(張教授が)米FBIの取り調べを受けている」、「張教授はファーウェイの量子半導体の開発に協力している」、「教授の死によって、中国(当局)の世界通信分野を支配するとの野心を打ち砕かれた」などの声が上がった。

張首晟教授とファーウェイが業務提携しているかどうかについて、現時点では不明だ。

米中国語テレビ放送「新唐人」7日付によると、中国国内通信分野の専門家は、張教授の死去は、量子コンピュータ分野において世界覇権を狙う中国当局に大きな打撃を与えたとの見方を示した。量子コンピュータによって、現在インターネット上の暗号化された情報が簡単に解析・解読される。この分野の権威である張教授がファーウェイと量子コンピュータの開発・応用に着手すれば、世界各国の国家安全保障、金融取引、個人の情報が中国当局に流れることになるという。

(翻訳編集・張哲)