「神酒クリニックで乾杯を」が2019年1月よりスタート/(C)「神酒クリニックで乾杯を」製作委員会2019

写真拡大

2019年1月放送の「土曜ドラマ9『神酒クリニックで乾杯を』」(毎週土曜夜9:00-9:54、BSテレ東)に松本まりか、柳俊太郎、板垣李光人、竹中直人、臼田あさ美が出演することが分かった。

【写真を見る】“あざとかわいい”から一転!松本まりかの白衣姿が妖艶/(C)「神酒クリニックで乾杯を」製作委員会2019

同ドラマは、三浦貴大と安藤政信がW主演を務めるメディカルミステリー。患者が抱えるどんな謎や依頼も解決するという“裏の顔”を持つ「神酒クリニック」で名医たちが奔走する姿を描く。

2018年1月期に放送された「ホリディラブ」(テレビ朝日系)で“あざとかわいい”と話題となった松本は、今回は色気たっぷりの美人女医・夕月ゆかりに扮(ふん)する。

自称28歳と公言する産婦人科医・小児科医のゆかりは、医療の腕はピカイチだが“裏の仕事”では、その色気を使った女の魅力や、得意の声帯模写で活躍。

柳は、天才的な頭脳の持ち主だが、抑うつ症の天才医師・黒宮智人を演じる。圧倒的な頭脳とハッキング能力を生かし、安藤政信演じる神酒院長をバックアップする。

そして、32歳だが小柄で少年のようなルックスを持つ精神科医・天久翼役を16歳の新人俳優・板垣が。天久は、人の心を読むことができ、“裏の仕事”でもなかなかたどり着けない事件の真相に、いち早く気付く。

また、九十九(三浦)の恩師の三森大樹教授を竹中、九十九が昔恋心を抱いていた外科医・新庄雪子役を臼田が務める。

さらに主題歌には、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの「ホームタウン」が決定した。

■ 松本まりかコメント

常に意欲的で型破りな連ドラを作り続けているテレ東・BS テレ東のドラマにこんなにも早く参加させていただけるとは。

私が演じるゆかりは、全面に色気を漂わせ、”存在自体フェロモン”という、今までにない癖の強さ。おそらく私が演じるにあたって見た目も言動もツッコミどころ満載かと思いますが、まずは見えるところから分かりやすく頑張っていこうと思います(笑)。

プロデューサーさんからの「ゆかりは何してもいいですよ」という、光栄ですがプレッシャーでしかない爆弾発言に戦々恐々としながらも、一緒に笑いながらアイデアを出し合い作っていける神酒クリニックは、去年とは一味違った刺激的で過酷な冬になりそうです。

三浦貴大さんとは10年ぶりの共演ですが、10年前から九十九勝己だったんじゃないかと思うほどそのもので。

安藤政信さんとは直前までパートナー役、今回もある意味パートナーで半年間バディを組むことになります。でも作品が違うからもちろんお互い別人で、その別人具合に笑っちゃうし笑われる。

そんな多少の戸惑いと妙な安心感がまた面白い関係性を生み出していけるのではないかと思っています。

■ 柳俊太郎コメント

原作を読んで、すごくスリル満点なストーリーで、ドラマになったら次々と見たくなるリズミカルな作品になると思いました。

黒宮という役は、せりふは決して最初は多いほうではないのですが、目線だったり、呼吸とかで感情を表現しないといけないので、難しいのですが、非常に楽しみな役だなと感じています。

神酒クリニックの皆さんは、個性的ではみ出し者ばっかりで、ちょっと普通の人とは違う次元で分かりあっていて、そこが魅力だと思っています。

僕らの一人一人の個性のかわいさだったり、会話のリズム、次に何が起こるかわからないスリル満点なストーリーを楽しんでいただければと思います。

■ 板垣李光人コメント

今回出演させていただくに当たり、初めての医者、そして32歳の役を演じるということでとてもワクワクしています。

出演者の方々もすごく個性豊かで、本読み・リハを行ったとき、ただの会議室だった場所が、確かに神酒クリニックになったようで胸の高鳴りを覚えました。

16歳の僕が32歳をどう演じるのか、そして医者である我々がそれぞれの個性を生かして事件を解決していく姿、原作を読んだことのある方もそうでない方も絶対に楽しんでいただけると思います。

■ 竹中直人コメント

共演者の安藤政信くんとは本当に親友で絡みがいっぱいあったらうれしいなと。三浦さんも臼田さんも素晴らしい俳優なので緊張しています。

まだ自分の中でも三森は、得体の知れない男なので得体の知れないまま長崎(俊一)監督のまなざしに従いふわっとゆるく現場に臨みたいと思っています。

■ 臼田あさ美コメント

久しぶりの連ドラになるので、正直ドギマギしています。初めて共演する方も多いですが、三浦くんとはがっつりお芝居したことがあるので安心しています。回を重ねるごとに、より濃くなっていく物語を私自身楽しみにしています。

※文中の「柳俊太郎」の「柳」は正しくは旧字体(ザテレビジョン)